小雪が、ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~2019年1月7日から放送)で、関ジャニ∞錦戸亮が演じる主人公を陰で支える上司・科捜研法医科科長役を演じることがわかった。なお、小雪と錦戸とは初共演となる。

同ドラマは、元科捜研研究員の古賀慶が描く累計40万部突破の大人気コミック「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ「月刊コミックゼノン」連載)が原作で、実際に起きた事件や経験がベースのリアリティーたっぷりの本格科捜研サスペンス。科学捜査研究所(科捜研)を舞台に繰り広げられる事件の数々。現場に残された痕跡(=トレース)はどんな“真実の欠片”を示すのか。そして、そこから導き出される“鑑定結果”とは……?

小雪が演じるのは、錦戸ふんする「科捜研の男」真野礼二の先輩で良き理解者である科長・海塚律子。若くして科長を勤め、捜査員たちから一目置かれている美人科長だが、浮いた噂はなく未だ独身。一見クールだが実は面倒見がよく、真実を追求するためにルールを無視して暴走する真野礼二(錦戸)の行動を容認し、温かく見守っている。孤立しがちな真野に新人の沢口ノンナ(新木優子)を指導するよう指示し、ふたりの成長にも期待している。また、実は真野が抱える陰惨な過去にある“関わり”を持っており、今後真野の苦悩を理解し、真相を究明するために重要な役割を担うことになる。

今回の決定について小雪は、「錦戸さんや船越さんをはじめ、今回共演する方々は初めての方が多く、役柄のキャラクターもそれぞれ深いので、どんな掛合い・展開になるか今から楽しみです。捜査が解決に進む過程で、科捜研で繰り広げられる経過など様々な視点からドラマ全体を楽しめたらと思っています」とコメントを寄せている。

また、山崎樹範岡崎紗絵矢本悠馬山谷花純加藤虎ノ介遠山俊也篠井英介の出演も発表された。

江口のりこが主演を務めるドラマ25『ソロ活女子のススメ』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第11話が、6月11日に放送。恵が自身のソロ活の原点でもあるソロバーベキューに再チャレンジした(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook