朝青龍のモンゴルでの暮らしぶりとは?

元横綱・朝青龍が、11月13日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜22:00~)に出演。モンゴルでの超リッチな生活が紹介され、MCの有吉弘行が「もう大統領だな」とつぶやく一幕がある。

同番組は、グルメから芸能人の私生活まで、さまざまな分野を独自の視点で徹底的に調査して“誰が得するの⁉”と思わずツッコみたくなるような情報をお届けするバラエティ。朝青龍は人気コーナー「スナック有吉」に“来店”する。

酒にまつわる数々のエピソードを持つ朝青龍だが、約7年前から断酒しているため、コーラで乾杯。早速、有吉らが現役を引退後、起業家としてモンゴルで大成功を遂げているという朝青龍を掘り下げていく。番組では、モンゴルでの彼のビジネスに密着。すると、国会議事堂の中に自分のオフィスを構えていたり、一等地に東京ドーム2つ分の敷地を所有していたりと、次々と超富豪生活が明らかになる。

そんな朝青龍が今最も力を入れているのが、そばの栽培。「モンゴルでも広めたい」と広大な土地を購入し、そばを栽培しているという。そこで朝青龍特製のそばを全員で試食する。このほか、朝青龍のプライベートにも密着。朝青龍に寄り添う謎の美女に一同は前のめりになる。その美女の正体とは? さらには、朝青龍にゆかりのある人物もサプライズで登場する。

そして、様々な飲食チェーンの没メニューを試食して復活するメニューを選ぶコーナー「没メニューレストラン」には、「俺の○○」シリーズが参戦。「俺のフレンチ」からはオマール海老を丸ごと使った1品が登場し、「俺のBakery&Cafe」からは女性に人気のあの香草を使ったトーストが登場する。さらに「俺のイタリアン JAZZ」からはタラバガニを使ったリゾット、「俺の割烹」からは高級食材が楽しめる1品が登場するが、最後の“仕上げ”に一同は絶句する……。メンバーの意見が分かれる中、見事復活するメニューとは?

芦田愛菜が、11月19日(月)19時から3時間にわたって放送される特番『歌のゴールデンヒット 年間売上1位の50年 』(TBS系)で、音楽番組の司会に初挑戦。堺正章と宮迫博之(雨上がり決死隊)と共に、50年間の売り上げランキング上位を記録した名曲の数々をそれぞれの視線で紹介していく。

ページトップへ
Twitter Facebook