島倉千代子さんとの思い出を語る小林幸子

11月8日に放送される『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00~)は、5年前の11月8日に亡くなった演歌歌手・島倉千代子さんの生涯に迫る。

同番組は、世間を騒がせた「人・事件」などの“今”に、MCの坂上忍をはじめとしたジャーナリストリポーターたちが追跡&直撃し、真相を突き止めていくジャーナリズムバラエティ。

今回番組は、「人生いろいろ」をはじめ数多くのヒット曲を持つ島倉さんのデビューから結婚、離婚、16億円という莫大な借金、そして、晩年のがんとの闘病などを元付き人の綿引あつ子が振り返る。

さらに、島倉さんが歌手活動60周年を記念する新曲の作成依頼をした南こうせつのインタビューも。南は、島倉さんが死の3日前に行った奇跡のレコーディングの舞台裏を最後の肉声とともに明かす。

スタジオには、10歳の頃から島倉さんを「お母さん」と慕ってきた小林幸子を招き、小林しか語ることのできない、島倉さんの壮絶な人生の裏側を激白する。

芦田愛菜が、11月19日(月)19時から3時間にわたって放送される特番『歌のゴールデンヒット 年間売上1位の50年 』(TBS系)で、音楽番組の司会に初挑戦。堺正章と宮迫博之(雨上がり決死隊)と共に、50年間の売り上げランキング上位を記録した名曲の数々をそれぞれの視線で紹介していく。

ページトップへ
Twitter Facebook