左から岐洲匠、田辺桃子、神尾楓珠

女優の田辺桃子が主演を務めるドラマ『こんな未来は聞いてない!!』が、フジテレビの運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」にて配信中。第1話「未来からやって来た30歳のあたし」では、田辺演じる主人公の高校生・花園佳代の前に、野呂佳代演じる未来の自分が現れ、あることを警告するところから物語がスタートする。

このドラマは、漫画家・八寿子の同名コミックを原作にした青春物語。未来からやってきたアラサーの自分から、「30歳になっても独身」「未婚どころか処女」と告げられた高校生の佳代は、未来を変えるべく、好意を抱いている幼馴染の相川真之介(岐洲匠)を振り向かせようと奮闘する。真之介の未来の結婚相手とされる櫛田陽(田中芽衣)や、妙に接近してくる謎のイケメン・瀧涼一(神尾楓珠)も登場し、佳代の恋は複雑化。茅ヶ崎を舞台に、恋の“四角関係バトル”が勃発する。

ドラマ初主演となる田辺が演じるのは、幼馴染の真之介の前では素直になれない17歳の高校生という役どころ。ビーチサッカー部のエースで女子人気の高い真之介が後輩からの告白を断ったと聞かされても、「もったいない、試しに付き合ってみればよかったのに」と思ってもないことを口走ってしまう。

しかし、タイムスリップしてきた未来の自分から、真之介が自分ではなく別の女性と結婚してしまうことを聞かされた佳代は、一念発起。涼一の助言で真之介を嫉妬させてみたり、「かわいいって言ってみて」とストレートに気持ちをぶつけてみたりと、アプローチを開始する。

田辺は、そんな勝ち気で前向きで元気いっぱいな主人公の佳代を好演。劇中では健康的な水着姿も披露しながら、恋する女子高生の瑞々しさをリアルに体現している。SNSでは、田辺のキュートな演技に、「まじ田辺桃子ちゃんが可愛すぎて美人すぎてやばいずっと見ていたい」「ももちゃん可愛い!」「ドラマに出てた女優さん、可愛すぎて速攻調べたら田辺桃子って子らしい」と、賞賛するコメントが殺到していた。

一方で、真之介を演じる岐洲匠にも注目が集まった。「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」出身であり、若手イケメン俳優として人気急上昇中の岐洲には、「めっちゃ面白かった。匠くんかっこよかったー!!」「岐洲匠くんかっこよすぎる」などのコメントの他、「なんかシンレッドが茅ヶ崎にいる」など、デビュー作の『宇宙戦隊キュウレンジャー』(テレビ朝日系)と関連付けたコメントも見られた。

物語はまだ動き出したばかり。佳代がアラサーの自分と繰り広げるユーモアたっぷりのやり取りや、佳代と真之介の恋の行方はもちろん、恋のライバルでもある陽の動向や謎のイケメン・涼一の存在など、見どころは盛りだくさんだ。

2020年1月1日(水)の放送が発表されていた西島秀俊と内野聖陽のW主演ドラマ『きのう何食べた?正月スペシャル2020』に、連続ドラマ版のレギュラーキャスト陣の続投が決定。さらに、3章立てからなるドラマのあらすじや場面写真も公開された。

ページトップへ
Twitter Facebook