株式会社フジテレビジョン(以下、フジテレビ)とイオン株式会社(以下、イオン)は10日、都内にて行われた記者会見で共同IP開発事業「じゃじゃじゃじゃ~ン!プロジェクト」を発表。その第1弾として、10月13日から放送される、子ども向け情操教育番組『じゃじゃじゃじゃ~ン!』(関東ローカル、毎週土曜、4:52~)についても紹介され、会場には、出演する子役の大野琉功、竹野谷咲、ガチャピン・ムックが登場。司会は同局の山崎夕貴(フジテレビアナウンサー)が務めた。

この番組は、2人の子ども“じゃじゃじゃ(大野)”と“じゃ~ン(竹野谷)”が人工知能の“AIさん”と旅をしながら、いろいろな出会いによって経験を積み、成長していく過程が描かれる。他にも、子どもの好奇心や感性を揺さぶるコンテンツが多数企画。制作には、伝説の子ども向けバラエティ番組『ウゴウゴ・ルーガ』の立ち上げメンバーが入り、CGなどを駆使して数々のキャラクターを登場させる。イオンでは、番組で登場するキャラクターを商品化・販売するなど、タッグを組んで展開していく予定だ。

会見では、多くのマスコミ陣を前に、“じゃじゃじゃ”役の大野が「緊張しています」とコメント。一方、“じゃ~ン”役の竹野谷は、「こんにちは、じゃ~ンです。よろしくお願いしまーす」と手を振りながら、明るい笑顔を振る舞った。また、番組に不定期で登場予定のガチャピン・ムックは2人にエールを送り、竹野谷は「ガチャピンとムックに会えてすごくうれしい! みなさんも新しい子ども向け番組ぜひ見てくださーい!」とアピールした。

そして山崎アナから、「今日は特別に、あの超ビッグな方からのお祝いメッセージVTRが届いています」とアナウンス。VTRに登場したのはじゅんいちダビッドソンで、サッカーカンボジア代表監督に就任した本田圭佑になりきり、会場を盛り上げていた。

食うこと、すなわち生きること。食の現場にすべてが凝縮されている...。テレビ東京では4月1日(水)深夜0時12分より、"ヤバい奴らのヤバい飯を通してヤバい世界のリアルを見る"をテーマにした異色のグルメ番組「ハイパーハードボイルドグルメリポート」を放送。リベリアの元人食い少年兵や殺し合いを繰り返すアメリカの極悪ギャング、ケニアのゴミ山で肺を病みながら暮らす青年など、これまでメディアがあまり立ち入らないような世界中のディープなエリアに潜入し、そこで暮らす人々の"飯"を徹底取材してきた本番組。お笑い芸

ページトップへ
Twitter Facebook