竹財輝之助と猪塚健太がW主演を務めるドラマ『ポルノグラファー』の最終話が、9月12日(水)深夜にフジテレビで放送。「愛欲と理性の果てに」と題した最後のエピソードでは、木島(竹財)の弱さを知った春彦(猪塚)が、木島からのメールを受け取るところから物語がスタート。それぞれが抱える思いと運命の結末が描かれ、ネット上では、ドラマの描写を称賛する意見や、完結を惜しむ声が続出した。

白石聖が主役・小野田詩弦役を務めるオトナの土ドラ『恐怖新聞』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第5話が9月26日に放送。インターネット上では、江戸時代にさかのぼる設定に驚きの声が多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook