磯野フネ

国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系、毎週日曜18:30~)で、サザエさんの母・磯野フネ役を務めていた声優の麻生美代子さんが、8月25日に老衰のため92歳で亡くなった。

麻生さんは、1969年10月の初回放送から2015年9月まで46年にわたりフネ役を務めており、多くの人に親しまれてきた。同局は「この度の麻生美代子さんご逝去の報に接し、心からご冥福をお祈り申し上げます」と発表。また、同アニメ関係者からコメントも寄せられた。

■声優:加藤みどり(サザエさん役)
放送が始まった時は私が一番年下だったのですが、それからずっと、何かあればいつも麻生さんに相談できて、頼りになる先輩でした。現場でもムードメーカー的存在なので、『サザエさん』の中でも外でも麻生さんがいれば安心してやってこられました。趣味人でもありいろんなことに前向きな方で、80歳になられても声が出るし、滑舌も良く、先輩として皆の目標になっていました。なので、私の中では同じ形で麻生さんが生きているような感じがして、懐かしい思いがします。どこにいても、麻生さんは麻生さんです。

■声優:貴家堂子(タラちゃん役)
とても残念でさびしいです……。安らかにお眠りください。

■アニメ『サザエさん』スタッフ一同
放送開始から46年の間、麻生さんに演じ続けていただいたフネさんは、優しくてしっかり者でありながらかわいらしいところもある、磯野家の自慢の母でした。ひとりの女性として誰もが憧れるフネさん像を築いてくださったことに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。『サザエさん』スタッフ一同、これからも麻生さんの思いを大切につないでいきたいと思います。本当に、ありがとうございました。

地球に侵略してきたなぞの生き物"ラビッツ"が、人間の世界で好奇心の赴くままに楽しいことを繰り広げるアニメ「ラビッツ インベージョン」(毎週木曜深夜3時55分 ※5月23日木曜は深夜3時25分)。5月23日(木)のエピソードテーマのひとつは「子どものギャン泣き」。テレビ東京・松丸友紀アナウンサーが、1人3役で「少年・ママ・おばあちゃん」の吹き替えに挑戦します。そこで「テレ東プラス」では、松丸アナを直撃取材。「ラビッツ インベージョン」の魅力をはじめ、テーマにもなっている"子どものギャン泣き"につい

ページトップへ
Twitter Facebook