吉岡里帆が主演を務めるドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)。8月21日放送の第6話では、田中圭演じる京極が、吉岡演じる新人ケースワーカーの義経えみると共に、現場に出動。田中自身も本作では初めてのロケとなった。

本作は、新人ケースワーカーのえみるが、さまざまな生活保護受給者に向き合いながら成長していく姿を描いたヒューマンお仕事ドラマ。

第5話では、うつ病であること以外は何も語らない島岡(佐野岳)が総合病院の院長である島岡雷(小市慢太郎)の息子であることが判明。父親に収入があると判断した京極は、扶養照会を進めるよう指示。しかし、島岡が何か悩みを抱えているのではと考える半田(井浦新)と対立してしまう。

そして迎える第6話、えみるは京極の指揮のもと扶養照会を強行。すると、さっそく行方知れずの息子を心配していた父・雷が上京することに。京極はすぐに親子を会わせるようえみるに申し付けるが、それを知った島岡は施設から逃走し、自殺を図ってしまう。幸い一命を取りとめた島岡だったが、京極は自らの判断が過ちだったことを認め、「この件は、すべて自分の責任で対処する」と宣言。しかし、島岡親子が抱える問題が分からないだけに、なかなか答えが出せないでいた。父への再会を頑なに拒む島岡の謎とは? 島岡親子の抱える問題とは? 第5話から続く「島岡親子編」後編は、このドラマ史上最大の衝撃展開でクライマックスを迎える。

第6話を“結構ヘビーな内容”だと語る田中は見どころについて、「管理職の京極が自分の判断ミスからえみると一緒に現場に立つ、というところ」と説明。また、猛暑の中でのロケは堪えたようで、現場の様子を聞かれた田中は、「暑かったです!」と即答。そして、「ドラマ上で初めて“現場”に立ちました。きっと、京極自身も反省したり、現場から学ぶことだったり、今現場にいるえみるから感じることがあったと思う。逆に、先輩(京極)が現場に出て来たことに対して、えみるが感じることもあっただろうし」と振り返った。

最後に、京極が島岡親子のために奮闘する第6話について、「どういう決着をつけるのか、ぜひ見てください。見てもらえることがすごく大事です。そして、僕らは、見てくださった方たちの何かをつかまなきゃいけない。そこは戦いですね」と締めくくった。

ページトップへ
Twitter Facebook