10月からスタートする高橋一生主演の新ドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)に、榮倉奈々要潤児嶋一哉アンジャッシュ)、田中泯戸田恵子小林薫が出演することが決定。榮倉が、フジテレビ系連続ドラマにレギュラーで出演するのは7年ぶりとなる。

本作は、草なぎ剛主演『僕の生きる道』シリーズや『フリーター、家を買う。』『フラジャイル』などを手掛けた脚本家・橋部敦子によるオリジナル作品。高橋は、生き物のフシギに目がない“変わり者”の大学講師・相河一輝(あいかわ・かずき)を演じる。

榮倉が演じる水本育実(みずもと・いくみ)は、歯科医師で一輝が通う歯科クリニックの院長。まさに才色兼備で、周りからもうらやましがられるような人生のはずだが、真面目で頑張りすぎてしまうがゆえに正論を言い放ち、周囲からは冷ややかな目で見られてしまう“こじらせ気味”な一面も。話を聞かなかったり、診察時間を守らなかったりする一輝に腹を立て、「常識ってものがないんですか?」などときつく当たってしまうが、一輝が時折発する物事の核心を突く一言に、次第に心を動かされていく。

榮倉は「演じさせていただく水本育実は、人からうらやましがられるようなエリートではありますが、人との関係を築くことに不器用に見えました」と分析。初の歯科医師役に「働く女性が多い現代で、共感してもらえる部分をたくさん持っているようにも思えました。凝り固まった心が高橋一生さん演じる相河一輝によって解かれていく姿を見たいと思いました。皆さまとの共演を今から楽しみにしています」と期待を寄せている。

また、要が演じる樫野木聡(かしのき・さとし)は、一輝と同じ大学の研究室で働く准教授。野心家で上昇志向が強く、教授の座を狙おうと論文の作成にいそしみ、小林演じる鮫島瞬教授にこびを売る。そのため、鮫島の口利きで講師になった一輝のことを快く思っていない。要は「主演が高橋さんということで、今一番輝いている俳優さんだと思うので、共演できる事を嬉しく思います。と同時に、同い年という事で、団結しやすいと思いますし、逆に刺激も与えられやすいと思いますので、今から非常に楽しみです」と、今月末に予定されているクランクインを心待ちにしている様子。

なお、児嶋は一輝の同僚講師でアリを専門に研究する、沼袋順平(ぬまぶくろ・じゅんぺい)を演じる。沼袋は研究室で何十匹ものアリを飼育、観察し、しかもすべてのアリを識別できるという、“アリおたく”。児嶋は「このお話をいただいたとき、“母親が喜ぶぞー”と思いました! 僕が演じる沼袋は、“気持ち悪い奴”という印象で、演じるのが楽しみです! とにかく高橋一生さんが出ているので、間違いないです! みんな見てねー!」とメッセージを寄せた。

一輝の祖父であり陶芸家の相河義高(あいかわ・よしたか)を田中、一輝の家に住み込みで働く家政婦・山田妙子(やまだ・たえこ)を戸田が演じる。

本田翼が主演を務める木曜ドラマF『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第8話(11月21日放送)に、名古屋発の4人組ガールズユニット「TEAM SHACHI」(シャチ)がゲスト出演する。

ページトップへ
Twitter Facebook