話題の映画『カメラを止めるな!』の中で、家族を演じた3人(濱津隆之、しゅはまはるみ、真魚)が、8月18日(土)21時から放送の土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話-夏の特別編2018-』(フジテレビ系)で、北村一輝が主演するオムニバスドラマの一篇「果てからの念波」に出演することがわかった。

『ほんとにあった怖い話(通称:ほん怖)』は、1999年に放送スタートした、フジテレビの夏の風物詩となっているオムニバス形式の実録心霊ドラマ。今回も、日本中から届いた実際に起きた心霊現象や不思議な体験を忠実にドラマで再現、恐怖VTRを見た稲垣吾郎をナビゲーターとした“ほん怖クラブ”のメンバーたちが、スタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱える。すでに神木隆之介菜々緒ガンバレルーヤ平祐奈葵わかなの出演が発表されている。

映画『カメラを止めるな!』は、新人監督と無名の俳優たちが約300万円の製作費で撮った映画。6月に都内2館で公開された後、その評判が口コミで広がり、全国150館以上での上映拡大が決まっている話題の作品。この中で、監督役とその妻・娘を演じた3人が、映画と同じ父・母・娘という家族設定のまま出演。

今回のオファーについて、「ホラー来たな! と思いました(しゅはま)」、「ありがたいです(3人)」と、ゾンビが登場する映画に続く、ホラーエンターテインメントへの出演を楽しんでいる様子。『カメラを止めるな!』以来の3人共演については、「6月末に映画の上映が始まってから、舞台挨拶でほぼ毎日会っているので、“ずっと家族だね”、という感じ(しゅはま)」「久しぶり! みたいなのは全然ないんです(濱津)」、「むしろ昨日どうした? みたいな感じです。どんどん気が置けない関係になってきています(しゅはま)」と、濱津としゅはまの“夫婦”が息ぴったりのテンポで答えいた。『カメラを止めるな!』の撮影時よりも、さらに本当の家族のように距離が縮まっているという3人の“家族”の演技にご注目が集まる。

11月13日(水)に放送される『徹子の部屋』には、柳生博が登場する。 俳優の柳生は、ことし82歳。『やすらぎの刻~道』でおよそ20年ぶりに連ドラ出演したばかりだ。 40年前に妻と子ども2人と八ヶ岳に移住。荒地を家族で開墾

ページトップへ
Twitter Facebook