子役の川島夕空が、7月12日からスタートする山崎賢人主演のドラマ『グッドドクター』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~ ※初回は15分拡大)に出演することがわかった。川島は、NHK Eテレの『みいつけた!』に3代目スイちゃん役で出演して、大好評を博した人気子役。このドラマがバラエティも含めたフジテレビ系番組初出演となる。

本作は、小児外科でレジデント(後期研修医)として働く青年・新堂湊(山崎)が、病院の慣習や都合とぶつかり合い、さまざまな問題やトラブルを引き起こしながらも、本当の医者の姿を問いかけるメディカル・ヒューマンドラマ。先天的に自閉症スペクトラム障がいを持ちながら、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の湊は、同じ小児外科医の瀬戸夏美(上野樹里)や高山誠司(藤木直人)らとともに、子どもたちの命のために闘い、そして、子どもたちに寄り添いながら、自身も成長していく。

今回、出演の決まった川島は、そんな湊の働く小児外科に長い間入院している少女・相川奈緖を演じる。奈緒は同じく長期入院をしている少年・武智倫太朗(斎藤汰鷹)や富岡圭太(小島怜珠)と仲がよく、いつも一緒に遊んでいる病院でも有名なヤンチャトリオ。好奇心が旺盛で、病院内の気になる場所にこっそりと忍び込むことも。奈緒は、レジデントとして新たに病院にやってきた湊にも興味津々。2人がどのように出会い、そしてどんな物語を紡ぐのかに注目が集まる。

川島は2013年、5歳で芸能界入り。2014年には『森村誠一の喪中欠礼~終着駅の牛尾刑事VS事件記者冴子』(テレビ朝日系)でドラマデビューを果たし、2015年にはNHKの連続テレビ小説『花子とアン』に出演した。現在10歳になる彼女は、本作で初めて患者役に挑戦。本作の撮影に関しては、「私が演じる奈緒ちゃんは、いつも点滴をしているので、点滴の管と点滴棒に慣れるのに苦労しています」と語りながら、「でも、入院しているたくさんのお友達と一緒に過ごしている奈緒ちゃんを元気に演じていきたいです」と意気込んだ。

また、主演の山崎については、「山崎さんとの初めてのシーンの撮影の時、山崎さんの顔をつっついたりしたのですが、本番前に私たちがふざけて肩もみをしたら“そこです”と言って反応してくれて、とても面白かったです」とエピソードを披露。最後には、「元気に見えるけど病気と一生懸命闘っている子どもたちと、その子どもたちを助けようと頑張る湊先生をぜひ皆さんに見てもらいたいです」と、アピールも忘れなかった。

※山崎賢人の「崎」は正しくは「たつさき」

菅田将暉、有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音が出演する土曜ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の最終話が、6月19日に放送。解散ライブを経て、それぞれの道を歩き出したお笑いトリオ・マクベスの3人と中浜姉妹の姿に、インターネット上では感動のコメントが殺到した(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook