AKB48渡辺麻友が、8月4日にスタートする連続ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)で、AKB48卒業後、初の連ドラ出演にて主演を務めることが発表された。

本作は、15年前の不幸な出来事によって絶望に突き落された1人の女性を取り巻く、 愛と罪と狂気を描くラブサスペンス。ミュージカル女優を夢見る天真爛漫な少女だった森村ひかり(渡辺)は、11歳のときに起きた殺人事件により兄が逮捕。たちまち加害者の妹という立場になり、故郷を去ることになってしまう。名前を母親の性である北園ひかりに変えて、夢であったミュージカル女優を目指すさなか、兄が出所するという知らせを聞いたひかりは、全てを奪った兄との決別を胸に会いにいくが、そこで「俺は無実だ」という告白を受ける……というストーリー。

ひかりを演じる渡辺は、「舞台女優を目指していて、少し陰のある女性ということで、私にぴったりかなと思いました」と配役に対する印象を述べ、「AKB48卒業後、初めての連続ドラマ出演ということで身が引き締まる思いです。ドラマの演劇シーンでは、歌唱シーンもあると伺いました。緊張もありますが“舞台に立てる”という喜びを、演じながらも楽しみたいと思います」と意気込みを語った。

松本圭右プロデューサーは「ある日突然、犯罪者の家族になってしまう。一歩間違えば誰にでも起こるかもしれず、自分の力ではどうすることも出来ない人生の不条理の中、主人公のひかりがどう抗い、前に進んでいくのか。 渡辺さんの真っすぐさ、芯の強さをひかりに乗せてもらえれば、人が生きる力の強さを描けると思った」とオファーの理由を述べている。

ページトップへ
Twitter Facebook