千原ジュニアが、4月30日放送の『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系、毎週月曜23:00~)に出演し、とんねるずの石橋貴明と初トークを展開。昭和の名作ボクシング漫画「あしたのジョー」を徹底的に語る。

同番組は、忘れかけていた「日本のちょっと前の話」に何かと詳しい石橋とミッツ・マングローブが、「勝手に語り継ぎたいアレコレ」をゲストと共に掘り起こし、「あ~、あったねぇ~! 懐かしい~」という思いを共有するトークバラエティ。

2014年の『笑っていいとも!』グランドフィナーレ以来の共演となる、石橋と千原。とんねるずがラスト3か月にレギュラーとなった際、月曜レギュラーだった千原が同じステージ上に並んだ経験はあるものの、テレビ番組でのトークはこれが初めて。共にボクシング好きでもあり、熱狂的な「あしたのジョー」ファンである2人は、カリスマ的な人気を誇った力石徹の魅力、少年院の重要キャラクター・青山君の存在意義、白木葉子とジョーの恋論論、あのラストシーンに対する解釈など、細かいところを徹底的に追究しながら熱く語る。一方、「あしたのジョー」にはあまり詳しくないというミッツは、2人にひたすら圧倒されてしまう。2人が「あしたのジョー」の魅力を語りながらも、しばしば脱線して「お笑い論」にも発展していくトークは必見だ。

石橋との共演について、千原は「最初はすごく緊張しましたけど楽しかったですね。それまで何度かお会いしたことはあったので、初めてという感じではなかったんですけど、ここまでがっつりしゃべらせてもらったことはなかったので。すごくしゃべりやすい方で、自由にやらせてもらいました。世代は全然違いますけど、“あしたのジョー”が2人を繋いでくれた感じで、改めてすごい漫画だと思いました。石橋さんとお笑い論も話せたので、お笑い好きの人も非常に楽しく見られるのではないでしょうか。次回話してみたいテーマですか?“がんばれ元気”ですね(笑)」と語っている。

千鳥(ノブ・大悟)がMCを務める『千鳥の相席食堂』(ABCテレビ、毎週火曜23:17~※関西ローカル)。3月2日の放送は「東西ロケレジェンド相席」と題し、ヨネスケとタージンが登場。「奥義」をふんだんに盛り込んだ二人の鮮やかなロケテクニックに「ちょっと待てぃボタン」が45回も押される異例の事態となった。

ページトップへ
Twitter Facebook