田中圭が主演を務めるドラマ『不倫食堂』が、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」にて配信中。第4話では、静岡県沼津市で「あんスパ」の食べ方を指南してきた謎の女(岩佐真悠子)を、なぜかベッドの中で“召し上がる”ことになってしまう。

山口譲司原作の同名漫画(集英社/グランドジャンプにて連載中)をドラマ化した本作では、ご当地グルメの美味しさはもちろん、女性が食事をする際の色気を映像で表現。これまでのグルメドラマとは少し異なる“美食×美女”を描く大人のためのグルメ・コメディだ。

田中演じる主人公の山寺は、都内某企業に勤める35歳・妻子持ちの会社員。出張先でご当地グルメの“食べ歩き”を生きがいとしているが、なぜか行く先々で美しい人妻に出会う。そして、ただ美味しく食事をしていただけのはずが、気が付けばその人妻と肌を重ねてしまう事態に……。出張先で訪れる料理と人妻とのただならぬ一期一会。そしてそれに一喜一憂する主人公の姿をコミカルに描く。

第4話の舞台は、静岡県沼津市。取引先を訪れていた山寺は、娘の美咲から「パパ、最近太ったでしょ?」と言われてしまったため、真っすぐ家に帰ることに。しかし、バスの目の前に座っていたカップルの「あんスパ」の話題が気になり、尾行して同じ店に入ってしまう。すると、なぜか後から入ってきた女が同じ席へ。戸惑う山寺に、「同業者でしょ」と話しかけてくる女。その女も、山寺が尾行してきたカップルが気になっているようで……。

そこへ、注文した「あんスパ」が運ばれてくる。「あんスパ」とは、注文したランチにスパゲッティが付いてくることだったようで、「炭水化物on炭水化物! 悪魔の高カロリー!」と山寺は喜ぶ。すると、急に女は「もっとよくかきまぜて」「魔法のスパイスを6回ふりかけて」「チリソースをかけて」と食べ方を指南してくる。さらに、女の食べ方を見ていた山寺は、何やら悶々とした気持ちになってくる。

食べ終わりふと横を見ると、カップルが会計を済ませて店を出ていく最中。急いで女のバイクに乗り、後を追った2人がたどり着いたのは、ラブホテルだった。同じく2人も中に入り、隣で行われる情事を盗聴。そして、「終わるまで当分動きはないから」と服を脱ぎ始めた女に対し、山寺も「では! いただきます!」と応え、バイクに乗るように後ろから攻め始める。さらに、女は「あんスパ」のように「ぐちゃぐちゃにかきまぜて……」と注文してきて……。

10月10日(木)深夜1時からスタートしたテレビ東京の新ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』。ドラマでは山田杏奈、大友花恋がW主演を務める。原作は『月刊コミック電撃大王』で連載する人気コミック。親の再婚で突然姉妹となった女子高生2人が、料理を通じて絆を深めていく物語だ。実写化が発表された8月にはTwitterのトレンド入りするなど、ファンの期待も高く、ドラマ第1話も話題を呼んだ。主役の姉妹の一人「サチ」を演じるのは、2018年の映画「ミスミソウ」で初主演を果たし、数々の映画やドラマに出演する期待の若

ページトップへ
Twitter Facebook