葉加瀬マイの体を張った演技に注目

田中圭が主演を務めるドラマ『不倫食堂』が、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」にて配信中。第3話では、山梨県甲府市で名物「甲州かつ丼」を食べていると、何かと世話を焼いてくる人妻看護師に、“ベッドの中”でも世話を焼かれることになってしまう。

山口譲司原作の同名漫画(集英社/グランドジャンプにて連載中)をドラマ化した本作では、ご当地グルメの美味しさはもちろん、女性が食事をする際の色気を映像で表現。これまでのグルメドラマとは少し異なる“美食×美女”を描く大人のためのグルメ・コメディだ。

田中演じる主人公の山寺は、都内某企業に勤める35歳・妻子持ちの会社員。出張先でご当地グルメの“食べ歩き”を生きがいとしているが、なぜか行く先々で美しい人妻に出会う。そして、ただ美味しく食事をしていただけのはずが、気が付けばその人妻と肌を重ねてしまう事態に……。出張先で訪れる料理と人妻とのただならぬ一期一会。そしてそれに一喜一憂する主人公の姿をコミカルに描く。

第3話の舞台は、山梨県甲府市。商談のために来ていた山寺は、無事に契約をゲットし、大喜びで家族に「契約取れたので、先方と食事。帰るの遅くなる」と嘘の連絡をし、さっそく前もって調べてあった店「手打ちそば 奥村本店」に向かう。360年以上の歴史を持つ蕎麦の名店だが、山寺が注文したのは「かつ丼」。かつ丼といえば、ふわとろな卵でとじて、出汁のきいた甘辛い醤油がかかったものをイメージするが、ここでのかつ丼は違う。かつだけでなく、キャベツとポテトサラダまで、定食をそのまま丼に乗せたものが、甲府名物の「甲州かつ丼」なのだ。

店に入ると、昼間にも関わらずビールをあおる女性が。「甲州の女、なかなかやるな~」と思いながらジロジロ見ていた山寺に、その女性が話しかけてくる。看護師だというその女性・園子(葉加瀬マイ)は、「夜勤明けで、旦那は飲まないから付き合ってくれないし、(ひとりで)ちょっと一杯……」という。

その後も何かと話しかけてくる園子は、山寺が知らなかった店の裏メニュー「ソースかつ」を注文。その食べっぷりに、何やら悶々とした気持ちになってきた山寺。「彼女は人妻だ!」と自分に言い聞かせ、気持ちを抑えようとするが、園子の方から「もう一杯、食べてみる……?」と誘ってくる。

そして2人はラブホテルへ。「看護師だから」と服を脱がせてくれたり、ベッドの中でも色々と世話を焼いてくれる園子。そして、「こっちのお世話もしてあげるね」とだんだん下半身の方へ……。

人気ドラマ『おっさんずラブ』の新シリーズ、土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)が、11月2日から放送がスタート。このたび主演の田中圭演じる“はるたん”こと、春田創一を取り巻く3人の男性(吉田鋼太郎、千葉雄大、戸次重幸)との“ラブシーン”写真が公開された。

ページトップへ
Twitter Facebook