女優の橋本環奈が、1月27日(土)10時40分から放送される『シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演最新作「キュリオス」上陸SP 橋本環奈とウド鈴木が見た“15の超人技”』(フジテレビ)にて、初の海外レポートを行うことがわかった。

同番組は、世界最高峰のエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」による『ダイハツ キュリオス』日本公演が、2月7日(水)よりお台場ビッグトップにて開幕することを記念し、日本公演スペシャルサポーターの橋本とキャイ~ン・ウド鈴木が、『キュリオス』バンクーバー公演の舞台裏へ潜入して、世界中で大人気を博すその魅力を探る特別番組。

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年を記念して制作された特別な作品『キュリオス』は、2014年の開幕以来、モントリオール、シカゴ、ニューヨークなど20都市以上を巡り、280万人を超える人々を魅了している。舞台は、19世紀の産業革命の時代を彷彿させながら、近未来を感じる雰囲気。目に見えない世界が存在すると信じている主人公・シーカーが、あちこちから集めた骨董品などのコレクションの中から間に合わせのアイテムで作った機械の世界に足を踏み入れる。風変りなキャラクターたちが主人公の想像力を刺激しようと、詩やユーモアで世界をひっくり返そうとした時、骨董品たちが目の前で命を宿していく。

日本公演応援団長の小倉智昭、サンドウィッチマン、篠原涼子、EXILE SHOKICHIといったスペシャルサポーターから託された“お願い”を遂行すべく、橋本とウドは、時にシルク・ドゥ・ソレイユのアーティスト達へ「アーティストたちの恋愛事情はどうなの?」などのプライベートに迫る大胆な質問をぶつけ、時に『キュリオス』の演目にも体当たりで挑戦する。『キュリオス』アーティストも驚いた 橋本の意外な身体能力のほか、アーティスト達の超人技の数々も見どころだ。

公演を鑑賞した橋本は「1分間の物語を2時間で見せるという舞台はなかなかないけれども、『キュリオス』は見事に実現させていました! 観客みんなが夢を見ているような感覚になるって本当にすごい!」と大興奮の様子。

さらに番組では、モントリオールのシルク・ドゥ・ソレイユ本社にも潜入し、細部までこだわりぬかれて製作される舞台衣装の秘密を調査。そして、『キュリオス』での唯一の日本人アーティストである池田一葉さんのドキュメントも紹介する。

【配信終了日:9月24日(火)】動画はこちら街の人への何気ないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時12分~)。9月17日(火)の放送は、ゲストに池松壮亮が登場。子役としても活躍し、芸歴が長い池松。鶴瓶はそんな池松の出演している作品でお気に入りだという映画『セトウツミ』の話を始めます。劇中で関西弁を喋る池松を見て「関西の人かと思った」という鶴瓶。池松は福岡出身ながら、共演者の菅田将暉のネイティブな関西弁に引っ張られて

ページトップへ
Twitter Facebook