坂元裕二、野島伸司、水橋文美江、橋部敦子、浅野妙子といった数々の人気脚本家を輩出してきた「フジテレビヤングシナリオ大賞」。第29回の今年、大賞に輝いた宮崎翔の『リフレイン』が、葉山奨之主演で12月18日(月)24時35分よりフジテレビにて放送される。

本作は、デート中に事故に遭った18歳の青年・湊(葉山)が、「死の当日を繰り返す世界」に囚われてしまい、何度も同じ日を繰り返す様子を描いたストーリー。デート相手だった同級生・紬(恒松祐里)と、彼女の従姉妹だと名乗る年上女性・糸子(山口紗弥加)といった“二人の女性”の間で揺れる場面も描かれる。

葉山は、2011年のドラマ『鈴木先生』(テレビ東京系)で俳優デビュー。その後、2012年公開の『トテチータ・チキチータ』で映画初出演を果たし、2015年にはNHK連続テレビ小説『まれ』で主人公の弟を演じた。その後も『きょうのキラ君』『青空エール』などの人気作への出演が続き、テレビドラマ『僕たちがやりました』(日本テレビ系)では“クズ男”ぶりが、そして『セトウツミ』(テレビ東京系)では“お調子者ぶり”が話題となった。

自身も認めるほど“キャラクターの濃い”役を演じることが多い葉山だが、本作で演じるのは、どこにでもいそうな青年役。しかし、あまりにも複雑な脚本に「自分がおかしくなる」と本音をポツリ。脚本を読んで、葉山は「衝撃が大きく、最初1回では理解できなかったです。これを作った方は本当にすごいな、こんなドラマあるんだ! と。公募で選ばれた一般の脚本家が書いたものとは思えませんでした」と絶賛。湊を演じた感触については「まるで映画みたいな感じです。ドラマって時系列とかわかりやすいけど、これは同じ日を繰り返すので、感情の持って行き方も上がったり下がったり…メリハリがついています。人間もおかしくなっていくし、僕自身も演じていて“自分でも何やっているのだろう”とわけがわからなくなったりしているので、逆にそれがいいな、と思っています。この作品では、その“わけもわからずやっている”というのが許されるのでは」と語った。

湊は二人の女性の間で揺れる役だが、同級生、年下どちらが好みかを聞かれると「初共演の山口さんは大先輩なのに、すぐに距離を縮めてくださってホッとしました。女性の年にはあまりこだわりませんが、湊の気持ちを考えると、年上の女性と接したことがないのでスイッチが入るかもしれない。(湊は年上の糸子に)どこかで心を許してしまうと思うのです。自分も状況によっては年上の女性に惹かれるかもしれません(笑)」と含みを持たせて語った。

最後に「同じ日を繰り返すということは、誰も体験したことがないので、もし自分ならどう思うか、どういう対応するのかを考えながら見ていただきたいと思います。同じ日を繰り返すと、人は自分を保てなくなるし壊れていってしまうと思うんですよね。僕のおかしくなっていく演技も、是非楽しみにしていてください」とメッセージを寄せている。

乃木坂46の山下美月と萩原利久がW主演を務める『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京系、毎週木曜25:00~)の第11話が6月20日に放送される。久々に再会したマイ(山下)と健人(萩原)だが、マイを支配している高校教師の松井直人(岡田義徳)と口論の末、健人は学校の屋上から落ちてしまう……。

ページトップへ
Twitter Facebook