篠原涼子主演の新ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00~)のメインビジュアルが18日、番組公式サイトで公開され、10月16日よりスタートすることがわかった。

ドラマは、篠原演じる新米ママさん市議会議員・佐藤智子が、声なき市民と向き合いながら、市政にはびこる悪や社会で起きている問題を、一般の女性目線でぶった斬る、痛快かつ爽快な市政エンターテインメント。

高橋一生が智子のライバル市議会議員・藤堂誠、古田新太が市議会のドン・犬崎和久、前田敦子と千葉雄大が、智子の同期議員の小出未亜と岡本遼、斎藤司が智子の選挙戦のライバルとなる園田龍太郎、そして、石田ゆり子が智子のよき理解者・平田和美をそれぞれ演じる。

公開されたビジュアルでは、初心者マークを頬につけた篠原が、左手を天に突き上げ、右手に持った拡声器で声を上げる姿を中心に、その声に耳を塞ぐ共演陣の姿が描かれ、ドラマの持つテーマを表現している。

株式会社幻冬舎、株式会社テレビ朝日、ピクシブ株式会社が開催した小説コンテスト「ピクシブ文芸大賞」(2016年10月27日~2017年3月31日)にて、『Q&A』(小林大輝・著)が大賞作に選ばれた。その単行本が3月8日に発売決定(電子書籍版はamazon.co.jpの電子書籍ストア「Kindleストア」にて2月23日に先行発売)。さらにテレビ朝日にて映像化されたドラマ作品が、3月24日(土)26時50分より放送(※一部地域を除く)されることがわかった。

ページトップへ
Twitter Facebook