上戸彩演じる主婦・笹本紗和と斎藤工が演じる高校の生物教師・北野裕一郎が、道ならぬ恋に落ち、人生を狂わせていく姿を描き、社会現象にもなったドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ・2014年)の3年後を描いた映画『昼顔』が、6月10日(土)より全国公開される。今回、北野の妻・乃里子役を演じ、その微妙な心情を見事に表現している伊藤歩にインタビューを行った。

ドラマでは、紗和と北野が、お互い結婚していながら惹かれあい愛し合うようになったが、いつしかその関係は明るみになり、2人は別れることに。紗和は離婚、北野は乃里子との結婚生活を続けることを選択。そして、裁判の末、紗和と北野は2度と連絡を取り合わないことが決められた。

あれから3年。映画では、まったく違う環境で新たな生活を送っていた紗和と北野が再会。かつての熱い想いはすぐに蘇り再び逢引を始めてしまう。そしてある日、乃里子が、紗和と北野が一緒にいる姿を目撃し、3人の愛憎劇が再び幕を開けることになる。

まず、映画化についての感想を求めると、ドラマ撮影後からおよそ1年後に知ったという伊藤は「斎藤さんや上戸さんとお芝居できるのは楽しみで嬉しかったです」と語る一方で、「乃里子としては、思い出したくない場面が数々あります」と本作ならではの複雑な思いを打ち明けた。

それもそのはずで、ドラマシリーズを見た方ならご存知の通り、ドラマで描かれた殆どが乃里子にとっては苦い思い出でしかない。映画では、それからようやく平穏を取り戻した3年後の姿が描かれ、物語の序盤には、北野と乃里子の夫婦の穏やかな生活を垣間見ることができる。この3年間の乃里子の心境について聞くと「裁判までして夫婦生活を円満にしていこうと決めたので、そのときの約束を信じる強い気持ちがないと、一回崩れてしまった関係を修復しながら暮らすのは難しいですよね。乃里子自身は過去に留まらないように努力をしてきて、出会った時のように裕一郎に愛されていないというのはわかっているけど、幸せな時間だったと思います」と語った。

しかし、その幸せな時間が長く続くことはなく、再び北野と紗和は出会ってしまう。伊藤は「人は我慢すればするほど裏切られた時の変化が大きいと思います。ポジティブに生きようとしていた分の大きな反動というか、想像を超えた感情を台本を読んだときに覚えました」と、乃里子の気持ちを代弁した。

そんな乃里子を演じるにあたり“核”にしていたものは何なのか? 伊藤は「裕一郎という存在は大学からの友達で、ずっとお付き合いしていて、いないという時期がありませんでした。そういう存在を手放すというのは、自分の片腕を切られるようなことだと思います」と語り、テレビシリーズの終盤に見せた「やっぱり別れても良い」という台詞は乃里子の本心で「映画でも裕一郎の幸せを第一に考えていたと思います」と愛情の深さがその根底にあると伝えた。

一方で、紗和に対する感情について聞くと「裕一郎の幸せの中に紗和の存在があったとしても、それとこれは別の問題」と断言。この3年間は、裁判で交わした契約を信じていたので、過去のことについて深く考えることはなかったが、再び北野の前に現れた紗和に対しては「何でこんなことをするのかが理解できないというか、そこまでしたいということが理解できなかったのだと思います」とコメント。映画の中盤、乃里子と紗和が2人で話すシーンがあるのだが、ここでの乃里子は終始落ち着いた表情を見せる。だが、紗和が“ある一言”を放ち、乃里子が感情を一瞬だが発露する。その瞬間の乃里子の表情はとても印象的なものとなっており、乃里子の中に渦巻く紗和への複雑な思いを見事に表現している。

そのほか、紗和、北野、乃里子の3人が一堂に会する“修羅場”シーンでは、乃里子が荒ぶる感情を見せつける。ここでは、最後に乃里子が衝撃的な言葉を発するのだが、それに行きつくまでに、怒り、悲しみ、虚しさなど、溢れ出る感情を全身で表現。一つ間違えれば、その場の空気から浮いてしまうような台詞を放つ難しい芝居だが、伊藤は「どうなればあの台詞を言えるのかということはすごく考えました。言葉では表せられない感覚的なものを自分の中で感じて、紗和や裕一郎の感情も感じながら演じました」と振り返った。このシーンの伊藤の怪演ぶりは映画の中盤の見せ場となっている。

そして、伊藤から見た紗和という人物について伺うと、「人ってダメと言われると欲しくなってしまうんですよね。そういう意味では、紗和の気持ちもよくわかります。行動に移すかは別として、そういう気持ちを抱いてしまうこと自体は自然な流れなので否定はできません。だけど、自分の身に降りかかってきたと考えたら、本当に迷惑ですよね」と笑って答えた。

最後に伊藤は「今回は、ドラマでご一緒したメンバーと安心感の中でやれました。程よい緊張感を持ちつつもリラックスしながら、監督を含めてお互いの意思を伝えられる中で、良い時間を過ごすことができました」と撮影を振り返り、「映画やドラマは必ずしも一人一人の人物が平等に描かれるわけではないですし、切り取られ方によって見え方は違ってきます。今回、紗和と裕一郎の関係が戻ってしまう姿が中心に描かれますが、乃里子には乃里子なりの正論があって、生きてきた人生の深さや裕一郎への愛、自分の人生への誇りなどを持って生きています。今回、そこまで深く彼女の思いを見せられないですが、彼女の精一杯の生き様を感じていただけたら嬉しいです」と語った。

福原遥が主演を務める連続ドラマ『アンラッキーガール!』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第2話が10月14日に放送された。金運を筆頭にあらゆる運ゼロな幸(福原遥)、男運ゼロな香(若月佑美)、仕事運ゼロの樹(高梨臨)という世界一不運な3人による、怒涛のジェットコースターコメディ。さらにナレーションをバカリズムが務めている。Twitterでは、「今週も不運の連発すぎてずっとお腹抱えて笑ってた」「香ちゃんが言ってた(恋人の)卓海くんを好きな理由に共感」「どんなにクズ男ってわかって...

ページトップへ
Twitter Facebook