カンテレ・フジテレビ系列で2月28日(火)19時から生放送されるひとり芸No.1決定戦『R-1ぐらんぷり2017』の決勝戦に進出したマツモトクラブにインタビュー。決勝までの道のりや、決勝への思いなどを語っていただいた。

<決勝トーナメント>
A組(レイザーラモンRG、横澤夏子、三浦マイルド、復活ステージ3位)
B組(ゆりやんレトリィバァ、石出奈々子、ルシファー吉岡、復活ステージ2位)
C組(ブルゾンちえみ、マツモトクラブ、アキラ100%、復活ステージ1位)

<インタビュー>

――過去2年敗者復活からの決勝進出。ついに念願のストレートインとなりました!

記者会見でタキシードを着て、煽りVTRも作ってもらうことを目指してやってきたので、本当に嬉しいです。3年連続敗者復活は無さそうだなと思っていたので、準決勝にすべてを懸けていました。実はネタを直前で違うものに変えて、4分半あったネタを3分にギュッと凝縮して、準決勝で初卸する状態で挑んだので、賭けみたいなところがありましたが、それが良い方に出て良かったです。

――ネタ作りで大変だったことは?

3分に縮める中で、中身もだいぶ変えました。元々は台風で電車が止まる設定なのを雪に変えたり。ただそれによって新しい展開が作ることができました。

――そのネタをひっさげての準決勝の手応えはいかがでしたか?

手応えは良かったです。終わって袖に帰ってきても先輩たちが良かったと言ってくれて。過去2年の準決勝の感触より全然良かったので、もしこれで決勝に行けなくても、やれることはやり切ったと清々しい気持ちでした。

――決勝のC組についてはいかがですか?

アキラ100%さんが同じ事務所で、そこでつぶしあうのがすごく嫌ですが、残っていたB組に行けばルシファーさん3番目にいるし、最終的に後ろの方が良いということでC組にしました。ただ、敗者復活の1位がC組に来ることを忘れていました(笑)

――初の決勝進出時はほぼ無名で、そこから2大会連続で決勝進出されて環境は変わりました?

変わりました。1年目で初めて出させていただいた時はバイトをしていたのですが、そこからはギリギリですがバイトをしないで生活できるようになったので。それを変えてくれたのがR-1という大会だし、毎年これに懸けてすごく強い思いでやっています。

――初優勝を狙う上で何か秘策はありますか?

これまで爆発するような笑いを起こせるネタが少なかったと思っているんです。例えば、昨年はハリウッドザコシショウさんは一つ一つが“ドーン! ドーン!”とウケるのを目の当たりにして、そういうネタのチョイスが今年はできている気がしているので、今までの中で一番イケるんじゃないかなと思っています。

――独特な世界観ですが、ネタ作りで考えることはなんですか?

自分の中だけのものにしないで、こういうことをやりたいというのをお客さんにわかってもらえるように心がけています。どこかで“そういうことってあるよね”って、生きている中でのあるあるみたいなものを感じられるネタを作りたいと思っています。

――決勝にむけて意気込みをお願いします。

日常の一場面を切り取って、そこで起こる、おじさんの中にある少年ぽさというのでしょうか。女の人は大人の女性になっていますけど、男っていつまでも少年見たなものが見える気がしていて、そういう可笑しさとか面白さを見て頂ければ。そして、長い戦いを勝ち抜いてきた面白い人たちばかりが集まりますので、ぜひ、楽しんでもらいたいです。

明日7月29日(木)よる7時 日本テレビ系で放送の「ぐるぐるナインティナイン」は2時間スペシャル。中川大志&新木優子参戦の「ゴチバトル」に加え、コスプレをしている有名人を当てる人気企画「ダレダレ?コスプレショー」をお届け!解答者は石原良純、滝沢カレン、吉村崇(

ページトップへ
Twitter Facebook