女優の桐谷美玲が、フジテレビ系列で4月にスタートする新ドラマ『人は見た目が100パーセント』(毎週木曜22:00)で主演することが決定。原作者の大久保ヒロミがコメントを発表した。

原作は、2014年から2016年まで女性コミック誌「BE・LOVE」(講談社)で連載された同名コミックで、桐谷が演じるのは、製紙会社に勤務する真面目で見た目はさえない理系女子の研究員・城之内純。「自分に自信がない」、「男性にモテたことがない」、「ガールズトークが得意ではない」、「メイクやおしゃれもほとんどしない」、「イケメンや美女には目も合わせられない」、「自分の容姿を褒められたことがない」という、とにかくないないづくしの女子。「自分は女子ではなくて“女子モドキ”なのかもしれない」と気がつき、研究室の同僚女子2人と一緒に、流行のメイク、ファッション、美容など“美の特別研究”を始め“ステキ女子”を目指していく。

桐谷は「女子力ゼロの“女子モドキ”の役を演じさせていただきます。タイトルが『人は見た目が100パーセント』ということなんですが……。私は見た目に関していうと“清潔感”を大事にしたいなと思っています。みなさま是非応援よろしくお願い致します」と意気込みを語り、原作者の大久保は「あのとても美しい桐谷美玲さんが、“女子モドキ”を演じてくださるなんて!! いいのでしょうか……」と驚きながらも「桐谷さんの白衣姿を想像するだけでワクワクします」と期待を寄せている。

アメリカの映画サイト「TC Candler」が毎年選出する「世界で最も美しい顔100人」に5年連続でランクインし、雑誌「VOCE」が選ぶ「2016年、最も美しい顔」を受賞している桐谷が、本作でどのような表情を見せてくれるのか注目だ。

ページトップへ
Twitter Facebook