モデルで女優の泉里香が、小雪主演のドラマ『大貧乏』(フジテレビ系列、毎週日曜21:00~)の第4話(1月29日放送)から、新キャストとして出演することがわかった。

本作は、“お金”と“愛”をテーマにした完全オリジナルのヒューマン・コメディー。2人の子どもを抱えながら、務めていた人材派遣会社DOHが突如倒産。権力者の欲により無一文に追い込まれたシングルマザーの七草ゆず子(小雪)が、高校時代からゆず子に想いを寄せるエリート弁護士の柿原新一(伊藤淳史)と共に、会社の倒産に隠された秘密を暴いていく。

泉里香は、6つの雑誌でレギュラーを務めるカリスマモデルで、「ヤングジャンプ」の表紙でのグラビア・デビューが話題となり、バラエティー番組でも活躍。連続ドラマに本格的に出演するのは初となる。そんな彼女が演じるのは、DOHの倒産の秘密を追うため、ゆず子がスパイとして潜入することになる職場の同僚・月島レイコ(26)。

レイコは、おしゃれにも美容にも流行にも敏感な、ゆず子とは正反対なキラキラ系OL。人見知りせず、近い距離感で接してくる様子は、ゆず子が初めは戸惑うほどで、やがて姉御肌なゆず子を慕い、何かと相談してくるようになる。夢見る女子と思われがちだが、見た目とは裏腹に将来を見据えて仕事や結婚のことを考えているしっかりした一面を持つ。そんなレイコが実直な弁護士の柿原と出会い、柿原の優しさにゾッコン、猛プッシュをはじめる。ゆず子を思うも発展の見込みがなかった柿原、レイコの存在は新たな恋の予感となるのか?

泉は「(出演が決まったのが)突然だったので本当に驚きました!」と語り、「私が演じる月島レイコは人懐っこい今時の女の子という感じですが、実はしっかりとした一面もあり、魅力的なキャラクターです。家族みんなで見られるホッコリとするドラマですので、ぜひたくさんの方にお楽しみいただければと思います」とアピールした。

22日放送の第3話では、ゆず子が倒れて病院に運ばれる緊急事態が発生。2人の幼い子どもたちは初めて母親のいない夜を過ごすこととなり、加瀬春木(成田凌)が渋々面倒を見ることに。一方、柿原は裏金30億の行方を追っていくものの、いくつもの壁が立ちはだかり、ピンチに陥ってしまう。

橋本マナミが、1月25日放送の高畑充希主演ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系、毎週金曜22:00~)第3話に出演する。橋本は、区の広報誌「そよかぜ」の編集者・大槻仁美役として登場するが、シェアハウス「メゾン・ド・ポリス」のおじさまたちが、彼女の美貌のとりこに!?

ページトップへ
Twitter Facebook