人気お笑いコンビのバナナマンおぎやはぎオードリーの3組が、ただただ楽しくフリートークを繰り広げるバラエティ特番『もろもろのハナシ』が、フジテレビで10月6日(木)22時より放送される。収録を終えた6人が収録を終えた感想を語った。

今、この3組がそろったことについて小木博明は、「こんな楽しいメンバーで今までやれなかったことが悔やまれる。もっと早くやっていたらすべてが変わっていたかも」と手ごたえを語り、設楽統も「この世代が一緒にならなくなってきて、最近はあまり会えていないけど、昔から知っているからタイムロスと感じなかった。女子高生じゃないけど“キャピキャピ”していた」、日村勇紀も「ガツガツしていない、良い感じのことがやれてすごく良かった」とフリートークを楽しんだ様子。そんな中、若林正恭は「一緒に旅に行きたいメンバーに選ばれなくて……。そういうことですぐに立ち直れる性格じゃないので、良い人に変わっていきたいなと思った」と収録エピソードを明かした。

また、フリートークを前面に押し出した番組コンセプトについて聞かれると、設楽は「この番組にもルールはあるけど、誰かゲストが来るわけでもなく、このメンバーで自由にやらせてくれる。俺らがそういう立場になったのか、“もうやることないよ”ってことなのかはわからないけど(笑) 製作スタッフも俺らと同じくらいの世代で、好きでいてくれているから、“場所を渡すから好きにやってくれ”ということなのかなと思う」とコメント。矢作も「本当に良いの? という感じですよ。そりゃ芸人サイドは話すのが好きなんだから。ありがとうございます!」と番組に感謝。

一方で、春日俊彰は自由すぎる内容に不安を覚えたようで「なるべく早く台本くれと言っていたのに、来たら来たで、全然中身が書かれてなかった」と告白。若林に「料理のコーナーだけ赤線を引いてた」と暴露され、「そこは確実にこなそうとした」と照れ笑いを浮かべていた。

番組では、世間で話題になりかけていることをVTRで紹介。スタジオではそのVTRを見ながらトークを開始。思いっきり脱線を繰り返しながら、それぞれの視点や感性を出しながら好きき放題に話していく。

ページトップへ
Twitter Facebook