関西テレビ・フジテレビ系で4月19日(火)21時より初回2時間スペシャルでスタートするドラマ『僕のヤバイ妻』(毎週火曜22:00)に主演する伊藤英明と、共演の木村佳乃が取材に応じ、演じる“ヤバイ夫”と“ヤバイ妻”への思いを語った。

このドラマは、美人で才女な資産家の令嬢で真理亜(木村)と恋愛結婚した、中堅広告代理店を脱サラしてカフェを経営している夫・望月幸平(伊藤)が繰り広げる男と女のサスペンス。一見すると完璧な夫婦だが、実のところ幸平は妻の気遣いと束縛に息苦しさを感じており、カフェのパートナー・北里杏南(相武紗季)と不倫中。さらに杏南に提案され“妻殺害”を企てる“ヤバイ夫”。しかし、妻を殺害しようと決心したところで事態は一変。家に帰ると妻が誘拐され犯人から莫大な身の代金を要求され、いつしかこの誘拐事件の容疑者にされ追い詰められることに……。そんな中、徐々に幸平のまったく知らない妻の“ヤバイ”素顔が浮かび上がってくる。


<コメント>
――今回のオファーと役への印象を教えてください。

伊藤 脚本を読んだら非常に面白かったんです。今までも宣伝のために本が面白いと言っていたことはあるけど、これは本心で思いました。幸平の役どころは、妻の両親の遺産が転がり込んで、その遺産目当てに不倫相手と殺害を企てる。自分の目的のためには、相手がどんな状況に陥っても構わないと考えている、一言で言うとダメな夫です。ただ、4話まで台本を読んでいるのですが、幸平よりヤバイ人物がたくさん出てくるんですよ。その中でも一番のキーポイントは、佳乃さん演じる真理亜ですね。

木村 大河ドラマにも出演させて頂いており、子どもの世話もあるし、キャパシティオーバーでご迷惑にもなるのでは? と思ったのですが、脚本が本当に面白かったのと、相手役が伊藤さんと聞いてこれは是非やらせて頂きたいと思いました。これまで色々な形で伊藤さんとは組ませて頂きましたが、今回はまったく違う関係なので、面白いお芝居が一緒にできるんじゃないかと楽しみです。

――先ほど伊藤さんも真理亜が“ヤバイ”と仰っていましたが、普通の感覚では理解しにくい役ではないですか?

木村 真理亜の気持ちはとてもシンプルなのだと思います。夫のことが本当に大好き。ただ、幸平の気持ちが他の人に向いていると気が付いたときどうなるのかが違うんです。普通なら、裏切られたと感じたり、気持ちが離れたり、悔しいと思って復讐したりしますよね。でも真理亜は復讐心で動くわけではないんです。ただ、どうして幸平の気持ちが自分から離れたのかがわかっていないところはイタイ女性なのかなと思います。

伊藤 真理亜のやることは自分では善意と思っているのだけど、全部押しつけなんですよね。食べるものから、着るもの、タイミングまで全部。一見そういうのも楽なのかなと思うけど、息苦しいし、男として、夫としての機能を果たせないから疲れてしまうのだと思います。

木村 真理亜にも非があるのにまったく気付かないで、幸平が変わってしまったと思い込んでいる。愛情なのか? 欲なのか? 想いが屈折していますが、ある意味で“純粋”なんですよね。

伊藤 ただ、今回は登場人物たち全員が、それぞれの欲を全面的に出していて、なんとか自分のものにしようとしている。それに失敗して制裁を加えされられるところは見ていてストレス解消になるのかもしれないですね。だから実はちょっとしたコメディ要素も入ってくるんじゃないかと思っています。

――夫を愛するが故の屈折した愛情はどこからくると思いますか?

木村 真理亜は、「自分はこういう風にしか愛せない」と思い込んでいるのでしょうね。普通なら「完璧しすぎて苦しいんだな」とか「嫌なんだろうな」と気付いて、やり方を変えたりするのに、それができないんです。自分は変えられない人だと思い込んで彼女ならではの表現になってしまうのだと思います。

――一方の幸平も目の前にあることに邁進していく感じですよね?

伊藤 幸平はやっていることは酷いのかもしれないけれど、自分の思ったことには“純粋”に向き合っているんです。自分のやりたい店のためにお金がほしいし、不倫相手といい感じだから妻を殺してしまえ……。だけど、それじゃあ小学校4年生レベルの子どもですよね。

木村 その一方で幸平さんは最初すべて受け身なんです。私から何かされたり、杏南ちゃんから「殺そう」と誘われて「うん」と言ったり。でも、1話が終わったら受け身じゃなくなっていく。そうなったときの男の人は怖いですけれど、そこが楽しみです。

――撮影がスタートするに当たり楽しみなシーンはありますか?

木村 今回、ケンカして階段を落ちるとか、2人でちょっとしたアクションがあるので、一緒にやるのが楽しみです。

伊藤 スタントマンさんがいるからオレは落ちないよ。

木村 でも面白そうだし、上手そうじゃない?

伊藤 長生きしたいから、しないしない(笑)

木村 あとは、どんでん返しに次ぐどんでん返しの連続なんです。先の話ですが、真理亜が計画した以上のこともどんどん起きるので、そこはまたお楽しみで。「この先いったいどうなるの?」と思って頂けると思います。

ページトップへ
Twitter Facebook