フジテレビのアニメ枠『ノイタミナ』の「プロジェクト発表会2016」が17日、東京・台場の「ノイタミナショップ」で開催。発表済タイトルの続報のほか、2017年4月期までの個性豊かなラインナップなどが紹介された。

<『ノイタミナ』新作タイトル>
2016年4月期 『甲鉄城のカバネリ』
2016年7月期 『バッテリー』
2016年10月期 『舟を編む』
2017年1月期 『クズの本懐』
2017年4月期 『冴えない彼女の育て方♭(フラット)』

まずは、既に発表されている2016年4月7日スタートの『甲鉄城のカバネリ』の新情報を発表。最新のプロモーション映像に合わせ、EGOISTが歌うオープニングテーマ『KABANERI OF THE IRON FORTRESS』と、Aimer with chelly(EGOIST)が歌うエンディングテーマ『ninelie』がお披露目された。現在放送中の『僕だけがいない街』を手がける伊藤智彦監督から「あんな映像をテレビでやっちゃって……」と驚きの声が届いたほどの映像クオリティは必見だ。また、『甲鉄城のカバネリ』以降の『ノイタミナ』新作をAMAZONのプライム・ビデオに独占かつ包括的に提供することが決定。第1話は放送前日に先行配信され、第2話以降も放送直後に随時公開される。また、海外に向けても配信が行われていく。

そして、2016年の後半2作品は、“青春”や“情熱”といった、ノイタミナがこれまで培ってきた王道作品をラインナップ。2016年7月期の『バッテリー』は、あさのあつこが描いた青春文学の傑作。監督・脚本は望月智充、キャラクター原案は『放浪息子』を手がけた人気漫画家・志村貴子、アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督は草間英興、音楽は千住明が担当。そして、主人公の原田巧役は内山昂輝、彼とバッテリーを組む永倉豪役は畠中祐が務める。また、アニメーション制作は、昨年は『オーバーロード』『俺物語!!』(いずれもマッドハウス)などの制作協力を行ってきた気鋭のスタジオ、ゼロジーが手がける。なお、番組公式サイトではティザーPVが公開されている。

続いて10月期は、三浦しをんが描いた、辞書づくりにかけた男たちの情熱と友情の物語『舟を編む』をアニメ化。2012年本屋大賞1位に選ばれたベストセラー作品で、石井裕也監督によって実写映画化された際には、第37回日本アカデミー賞で作品賞や最優秀脚本賞など6冠に輝いている。キャラクターデザイン原案を雲田はるこが手がけることが明らかになり、こちらも公式サイトで第1弾PVが公開された。

一方、2017年の前半は、2016年とはガラリと変わり“異彩を放つ”ラインナップを発表。1月期の『クズの本懐』は、横槍メンゴの同名コミックが原作で、学校の誰もが羨む評判の高校生カップル、安楽岡花火と粟屋麦を中心とした歪んだ青春群像劇が描かれるエロティック純愛ストーリー。キスシーンやそれ以上のシーンなどもある原作だけに、SNS上ではアニメ化を喜ぶ声と共に「どこまでセーフなんだ?」と早くも話題になっている。

4月期には、オタクの青年が美少女たちと同人ゲームを作っていく姿を描き、その“フェティシズム”をくすぐる描写が話題となった『冴えない彼女の育て方』(2015年1月期放送)待望の第2期『冴えない彼女の育て方♭』の放送が決定。第1期に続いて監督は亀井幹太、原作の丸戸史明がシリーズ構成・脚本、キャラクター原案は深崎暮人、キャラクターデザインは高瀬智章、音楽・百石元、制作・A-1 Picturesが担当する。

そのほか、プロジェクト発表会では、クリエイターユニットHoney Worksが生んだ4月23日公開の劇場アニメーション『ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~』からは、CHICO with Honey Worksが歌うオープニングテーマ『恋色に咲け』の音源も聞けるオープニングムービーを公開。そして、アニメ制作会社の倒産によって公開が延期されていた映画『虐殺器官』の新ティザームービーが解禁され、新スタジオ「ジェノススタジオ」によって鋭意制作中であることが改めて発表された。また、一般公募、投票によって新たなメカアニメを作るプロジェクト「僕たちの見たいメカアニメをつくろう製作委員会(メカつく)」のグランプリに輝いた『RS計画』が、フジテレビにて6月に特別番組として放送されることが明らかになった。

劇場版『えいがのおそ松さん』(3月15日公開)の完成披露舞台あいさつが15日、都内で行われ、長男・おそ松の声を演じる声優の櫻井孝宏、主題歌「Good Goodbye」を担当したDream Ami、本作のメガホンをとった藤田陽一監督、脚本の松原秀が登壇した。

ページトップへ
Twitter Facebook