関西テレビ・フジテレビ系で放送中のドラマ『お義父さんと呼ばせて』(毎週火曜22:00)に出演する蓮佛美沙子、新川優愛、中村倫也が取材に応じ、収録の様子などを語った。

ドラマは、遠藤演じる中堅専門商社の部長・大道寺保(遠藤憲一)が、渡部演じる一流総合商社の取締役・花澤紀一郎(渡部篤郎)の愛娘・美蘭(蓮佛美沙子)と出会い、年の差を乗り越えて結婚を決意。まるで異なる生き方を歩んできた51歳の2人が、「結婚したい男」と「結婚させたくない男」として、娘をめぐり激しくぶつかり合う姿をコミカルに描く。取材に応じた3人は、花澤家の3兄弟(美蘭、真理乃、葉理男)を演じる。

――花澤家の掛け合いから、良い雰囲気が伝わってきます。

蓮佛 撮影が始まって最初のうちは“笑っちゃいけない”って堪えていたんですけど、みんな仲良くなって慣れてきたのか、最近は楽しいのが勝ってきてるかもしれないですね(笑)

中村 優愛ちゃんがけっこう吹くんですよ。

新川 だって面白すぎて笑っちゃうんです(笑)

中村 7話のカレーを食べているシーンは、会話中に生まれる静寂が面白い場面だったのですが、らっきょうを食べてる音とかが入ってきて、それがいつからか僕らの中でブームになっちゃって。今日もウソみたいに音を立ててスープを食べていましたね。楽器としての魅力にも注目してほしいです(笑)

蓮佛 今はリビングでテーブルを囲むのが一番楽しみかもしれないです。たいしたことを話しているわけではないんですが、台本で既に面白いのに、そこに小ネタをバンバン入れてきたりして。

中村 篤郎さんがけっこう入れてきますよね。みんなが疲れてくると敢えて小ネタを挟んで盛り上げてくるんです。

蓮佛 あと、ゴハンがとても美味しいんですよ。スケジュールを見て今日はここで食べられるなって(笑)

中村 今日はサンドイッチでした。僕、いつもの和食が好きなんですけどね。

蓮佛 和食の時は減りが少ないから洋食が好きなのかな? ってスタッフさんが言っていましたよ。

中村 それは大きな誤解です。早急に話し合わなくちゃ(笑)

新川 私も和食が好きなのに! パンは減りがわかりやすいのかな?

――中村さんの女装も話題になりました。

蓮佛 誰よりもメイクに時間かかってましたよね。メイク道具をたくさん並べて、メイクさんが一番楽しそうにしていましたね。

新川 そうですよね。あんなにメイク道具を出しているのも見たことがない。

中村 女性スタッフのテンションが上がっていたのを見て、女子は男を着せ替え人形みたいにするのが好きなんだなって(笑) 何かわからないけど、化粧水から変わっていましたからね。

――放送後の反響はいかがでしたか?

中村 京都で撮影しても京都の人も知っていましたからね。インターネットってすごいなって。あと「可愛いね」って言われたけど、どう思って「可愛い」なのかはわからないじゃないですか。きっと「面白いことやってるね」みたいなノリで言ってくれているんだと思います。

――とても仲が良い感じですが?

中村 今はこうして喋ってるけど最初は……(笑)

新川 蓮佛さんは2回目だったから知っていましたが、私が人見知りなんですけど、中村さんは初対面で絶対に仲が悪くなると思ったんですよ。リハーサルで本読みした時に、「覚えました?」って言ったら「はい、だいたい」って素っ気なく言われて。「もう怖くて話しかけられない」って思いました。

中村 あの時は舞台を終えたばっかりで、年明けまで完全にオフモードになっていたの(笑)

蓮佛 私は優愛ちゃんってこんなに食べる子なんだって思いました。10分に一回は何かを食べてる気がする。差し入れはほぼ制覇しているイメージがあって、しかもすごく美味しそうに食べるし健康的なイメージがあります。

中村 蓮佛さんは髪が長くて清楚な感じと思っていたら、良い感じに可愛らしい“おっさんイズム”があるんですよ。今回、ドラマのテーマに遠藤憲一さんの魅力爆発というのがありますけど、個人的には蓮佛さんの魅力爆発みたいな部分もあると思う。

蓮佛 遠藤さんにも「おっさん」って言われるんですよ。私があくびをするとだいたいそこに遠藤さんがいて、女の子はそもそも人前で大口開けてあくびなんてしないのかもしれないですが、「おいおっさん」って言われます(笑) そういう意味では美蘭もおっさんぽいというか、サバサバした男っぽい子なので素の私に似ているかもしれないですね。

――保が花澤家で居候になりましたが?

新川 トイレを開けちゃうとか、一緒に住まないとできないことが起こって面白かったですよね。

蓮佛 紀一郎のスーツを借りて着るシーンがあるんですけど、渡部さんの本当のスタイリストさんがもってきてくれたジャケットで、胸のところに渡部篤郎って刺繍がしてあるんですよ。カフェで飲んだり食べたりシーンで遠藤さんが「絶対に汚せない」って緊張されていて、そういうところもリアルですよね。

――まだ結末はわかっていないとのことですが、こうなったら良いなという展開はありますか?

蓮佛 これでハッピーエンドにならなかったらビックリですよね。普通に幸せに結婚してほしいと思いつつ、ド直球でくるのも寂しいなって思う自分もいる。「結婚したい」って言いながらずっと揉めてるのが良いなって。花澤家の問題とかもあって、なんだかんだ仲良くいてくれたらと思いますね。

新川 最初は結婚させてあげたいと思っていましたけど、蓮佛さんの言うように、揉めているくらいが丁度良いのかなって思うようになりました。

中村 渡部さんが「今日からお義父さんだ」みたいなクサいことを言うシーンも見たいですね。だけど、その後で絶対に何か落ちがある。ずっとバタバタして、最終話なのに次週予告までやっちゃうのも良いですね。

蓮佛 個人的にもう一回女装してもらいたいです。

中村 朝食のシーンで何食わぬ顔して女装姿でいるとか? それで「お母さんの様子が変なんだよ!」って言いたい。だけど「変なのはどう考えてもお前だよ!」って視聴者のみなさんにツッコまれる。そういうのをやりたいけど混乱でしかないですね(笑)

ページトップへ
Twitter Facebook