少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で人気を博した『グッドモーニング・コール』を、フジテレビが福原遥白石隼也のW主演で初ドラマ化。2月12日(金)より、フジテレビの総合エンターテイメントサービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」と動画配信サービスNetflixにて配信がスタートする。

本作は、両親の都合で1人暮らしをすることになった女子高生・吉川菜緒(福原遥)の部屋に、彼女が通う高校でイケメン「御三家」として有名な上原久志(白石隼也)が引っ越してくることから始まるラブコメディ。中学3年生からスタートする原作の設定を高校生に移し、同居ラブコメの金字塔が実写化される。

今回、撮影現場を訪れた高須賀先生にインタビュー。現場でのエピソードをはじめ、「100点満点」だと語る福原遥と白石隼也の印象、そして、原作者としてキャラクターに込めた思いなどを語っていただいた。


<インタビュー>

――撮影現場を訪問した感想を教えてください。

今回2回目の見学だったのですが、制作スタッフの方々も俳優さんたちもすごく良い方たちばかりでみんなのことが大好きになっちゃいました。とても幸せな時間でした。

――現場でキャストの方々と話す機会はありましたか?

先日『グッドモーニング・キス』の14巻が発売されたばかりだったので、福原さんには菜緒の絵を、白石くんには上原くんの絵を、それぞれ二人に寄せて描いてプレゼントしました。そうしたらすごく喜んでくれたので嬉しかったです。それに14巻がパリ編なのですが、「これもドラマでやれたら良いね」と言ったら、福原さんが「パリに行きた~い!」とノリノリでした。でも、「上原くんがパリの研究所に留学することになって……」と物語の流れを説明したら、白石くんが「じゃあ、菜緒はパリに来なくて良いんじゃないの?(笑)」と言って、それに対して福原さんが「えー!?」と不満そうな表情を見せたりして、とても二人のやり取りが可愛らしかったです。

――二人が演じる菜緒と上原くんについてはどのように思いましたか?

菜緒はマンガでは中の上か、上の下くらいの女の子のイメージなので、あんなに美少女じゃないんです(笑) でも、今回はドラマの主人公なので、絶対に可愛い方が良いから100点満点です!

――そんな福原さん演じる菜緒の注目ポイントを教えてください。

演出の河原瑶さんが原作のファンと言ってくださっていて、とても菜緒のことを理解されているんです。河原さんが福原さんに演技をつけているときには、「菜緒はそんな可愛くないからもっと顔を崩して良いよ」と言っていました(笑) でも、福原さんは何をやっても可愛いんですよね。「わっ!」って驚くときも普通に可愛いから、「そうじゃなくて口を横に広げてね。そうすると顔が崩れて菜緒っぽくなるから」と演出される。そうやってマンガっぽい動きにしていたりするので、是非、注目して見て欲しいです。

――一方、上原くんを演じる白石さんはいかがですか?

正直に言うと、誰が上原くんを演じるのか最初は怖かったんです。キャストが決まって資料を送っていただいたときもイメージと違っていたらどうしようと思って怖くて見られませんでした。公式サイトのURLとかも送ってもらったのに開けなくて、名前は聞いていたけど検索もせずにいました。そんな中、撮影の見学に行けることになったので、ちゃんとご挨拶したいなと思った一方で、現場に行ったら会うことになるじゃないですか? これはもう避けて通れないと思って、覚悟を決めて伺いました。そうして初めて白石くんに会ったわけですが、バッチリだったんです。外見は勿論、演じている彼を見たら、物腰というかしゃべり方というか、本当に雰囲気が上原くんのイメージそのものだったんですよ! それ以来、全く不安はなくなりました。

――この二人が演じる菜緒と上原くんのキャラクターのポイントを教えてください。

私はマンガとして王道なモノが好きで、少女マンガの王道というと普通の女の子と超イケメンのモテモテ王子様との恋なんです。菜緒はすごく天然な子ですが、トラブルが起こってもあまり悩まない。でも、基本的には普通の女の子でエキセントリックではない。スタンダードな感情の動き方をする等身大で感情移入しやすい女の子です。一方、上原くんはツンデレというか、食いしん坊キャラで、牛乳プリンを奪い合ってケンカしたりするんです。普段はクールなのに、食べ物のことになると目の色が変わる。そういうギャップがマンガを書くときのアクセントになっています。ただのイケメンだと可愛げがないですから(笑) 菜緒のケンカは買わないけど、食べ物のことになると豹変して怒る。そんな二人のやり取りがドラマでも良い感じになっていたら嬉しいです。

――高須賀先生が“これはスゴイ!”と思ったキャストはいらっしゃいますか?

荒井萌さんが演じるまりながスゴかったです! まさに“リアルまりな”という感じで、一番漫画のイメージとはまっていました。そのまりなの彼氏・みっちゃんを永嶋柊吾くんが演じてくださっているのですが、彼も本当に面白キャラとしていい味を出していました。このコンビと菜緒が一緒にいる3人のシーンはとても和むので大好きなんです。

――最後に、ドラマ化する作品をご覧になる方々へメッセージをお願いします。

映像化を発表したときに「実写化は嫌だ」という声も見ましたし、「上原くんを演じるのは誰なんだ?」という話題でネット上がザワザワしているのも見ましたが、それを踏まえた上で原作者として「いやいや大丈夫だから、安心して!」と伝えたいです。少女マンガなので、ある意味では主人公以上に男の子が大事なので、白石くんにはすごくプレッシャーがあると思います。読者の皆さんそれぞれにキャラクターのイメージがあると思いますが、作者の私として100点満点のキャスティングになっていて「とにかく白石くんが演じる上原くんは素晴らしいから見て!」と声を大にして言いたいです。それと、先ほども言いましたが、福原さん演じる菜緒がめちゃくちゃ面白可愛いんです! ドラマならではの愛されるキャラクターになっていると思うので大注目してください。きっと素敵な作品になっていると思いますので、私もスタートを楽しみにしています。

ページトップへ
Twitter Facebook