遠藤憲一と蓮佛美沙子が、関西テレビ・フジテレビ系で1月19日よりスタートするドラマ『お義父さんと呼ばせて』(毎週火曜22:00)で“28歳の年の差カップル”を演じることへの思いを語った。

このドラマは、遠藤演じる中堅専門商社の部長・大道寺保(遠藤憲一)が、渡部演じる一流総合商社の取締役・花澤紀一郎(渡部篤郎)の愛娘・美蘭(蓮佛美沙子)と出会い、年の差を乗り越えて結婚を決意することから展開。まるで異なる生き方を歩んできた51歳のオッサン2人が、「結婚したい男」と「結婚させたくない男」として、娘をめぐり激しくぶつかり合う姿をコミカルに描く。

今回、恋人役として共演する2人にお互いの印象を聞くと、遠藤は蓮佛について「お芝居が上手」と答え、「本番がスタートしたら役に沈み込めるくらいの人じゃないと、僕も遠慮しちゃったり、ギクシャクしちゃったりすることがある。だけど、最初から何をやっても蓮佛ちゃんはしっかり返してくれる」と絶賛。それを聞いた蓮佛は「やったー!」と笑顔を見せ、「遠藤さんは強面と言われていますが、どうしてかわからないですが、色々な作品を見ていて絶対に可愛い人だと思っていました」と語り、遠藤を照れ笑いさせた。

また、映画『ギャラクシー街道』で“出産シーン”に挑み、本作では“28歳年上の彼氏”として可愛らしい一面を見せるなど、新たな一面を披露している遠藤。これまでプライベートでも「愛している」と言ったことはないと言い「他のドラマで僕が“愛してる”というのは厳しいと思う。このドラマは、笑って貰っちゃったほうが良いドラマなので思い切って言える」と言い、「これから先に“愛してる”というセリフがあっても言えないでしょうし、こんな役が来るとは思えないし、最初で最後でしょうね(笑)」と語った。

そんな中、蓮佛に“おじさまの魅力”を聞くと「年齢を抜きにして、何事にも動じない人が好きで、この人について行けば大丈夫と思える人に魅力を感じます。そういう意味で、年上のおじさまにはドンと構えている人が多い。あと単純に顔のシワとかも好きなんです(笑) 生きてきた思いを感じますし、笑うとくしゃーってなる感じが可愛らしい」と話した。

また、年齢差のあるカップルを演じる上で気をつけることがあるか尋ねると、蓮佛は「遠慮しないこと」だと言い、「美蘭のキャラもありますが、一切遠慮せずに“年寄りなんだから運動しなくちゃダメだよ”と言ったりします。普通なら失礼と思われそうなことでも、恋人として1年以上続いているというのはそういうことなのだと思います」とコメント。一方の遠藤は「先に逝っちゃうとか悲しい部分も見えちゃうと思うけど、付き合った形が大事」、「今は年の差は意識していない。このドラマでその気になっちゃっています(笑)」とコメント。この2人が演じる、年の差カップルがどのようにして、渡部篤郎演じる父・紀一郎に認められていくのか注目だ。

森七菜が主演を務め、中村倫也、仲野太賀、石橋静河らが出演するドラマ『この恋あたためますか』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第6話が、11月24日に放送。インターネット上では、中村演じる浅羽拓実の行動に心を奪われる人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook