関西テレビで1月12日(火)25時55分からスタートするドラマシリーズ『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語』の試写会&舞台あいさつが行われ、関西を中心に活躍する若手ホープの4人(清井咲希、鎮西寿々歌、中山義紘、井上拓哉)がドラマのみどころをアピールした。

本作は、JR大阪環状線の各駅を舞台にしたオムニバスドラマ。大阪の下町で繰り広げられる恋や友情、ボーイズラブなどさまざまな愛のストーリーが全10話で描かれる。

若手俳優軍団「劇団Patch」のメンバーで、1話の天王寺駅「偽装カップル」に出演する井上は、同日に成人式を迎えることを明かし、「このような日に試写会に参加することができて、いい記念になりました!」と笑顔を見せ、「第1話からかなりインパクトのあるお話です。最後にはビックリするようなドンデン返しもあるのでお楽しみに」と見どころを語った。

同じく「劇団Patch」メンバーで、今作がドラマ初主演となる中山は、女優の村川絵梨を相手役にふとしたことから出会った男女のふれあいを描く第3話の大正駅「新しい海の出現」(1月26日放送)に出演。中山は「僕らの劇団のモットーは『演劇で大阪を元気に』。これと同じコンセプトのドラマに出演させていただけたことはとても光栄です」と喜び、「セリフのひとつひとつに心の動きや機微が現れているとても繊細なドラマになっています」とコメントした。

そして、第7話の大阪城公園駅「始発電車が来るまで」(2月23日放送)に出演する清井は、メジャーデビューが決定した関西を拠点に活動する5人組アイドルグループ「たこやきレインボー」のメンバー。ドラマ初出演にして初主演ということで、撮影現場は「めっちゃ緊張しました」と振り返り、ベテラン俳優・やべきょうすけとの共演について「撮影の合間におもしろい話をしてくれたので、緊張もほぐれました」と裏話を明かした。

また、兵庫県出身で17歳の新鋭女優・鎮西は第10話の京橋駅「KYOBASHI ON MY MIND」(3月15日放送)でカメラ好きの女子高生を演じ、10話中8つの物語に登場する大役を務める。鎮西は「こんなに大きな役をいただいたのは初めて」と語り、第10話でベテラン俳優・佐藤蛾次郎と共演したことを振り返り、「佐藤さんが休憩時間にいっぱいお話をしてくださいました。その仲の良さが(劇中の)2人のおじいちゃんと孫のような関係性に出ていると思います」と息の合った芝居ができたことをアピールした。

舞台となる大阪環状線は4人にとっては馴染み深い場所だが、鎮西は「駅で降りてみると、電車から見る風景と違う風景が見られた」、中山も「関西に住んでいても知らない風景に出会えた」と新鮮な気持ちで撮影できたことを明かし、天王寺駅周辺でのロケに参加した井上は「動物園をはじめ天王寺のあらゆるところを巡ったので、天王寺のすべてが見られるドラマにもなっていると思います」と胸を張った。

関連ワード

反町隆史が主演を務めるドラマBiz『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京、毎週月曜22:00~※初回は21:00~2時間SP)が7月22日からスタート。18日に制作発表記者会見が行われ、反町をはじめ、小池栄子、堀井新太、和久井映見、橋爪功が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook