――加藤シゲアキさんとの共演はいかがでしたか?

アイドル活動をしながら、作家として執筆して、俳優もやる。一つのくくりに収まることなく、これだけの作品を書ける加藤さんの人柄というのはとても興味がありました。ゼロから生み出している作家さんとは違い、俳優は用意された人物像を体現するのが仕事です。俳優をクリエイターと言ったら彼らに失礼かもしれないですが、自分と向き合って何かを生み出すというのは共通することだと思いますし、その両方をこなす加藤さんは尊敬すると同時に刺激を受けました。

――現場でどのような話をされましたか?

原作を読んで世界観が好きになったので「あの作品のここが好き」と感想を伝えると彼も素直に喜んでくれたので良かったです。それに加藤さんが釣りをすると聞いて、僕は釣りをしないけれど、船舶免許は持っているので“海のトーク”が多かったですね。それに、加藤さんが演じた啓介はドラマのオリジナルキャラクターなのですが、作り出した本人が演じているだけに思った通りの人物になっていました。だから僕もすんなり役に入ることができて、最初から呼吸も合って気持ち良く芝居することができました。

――二人のシーンで意識したことはありますか?

僕らは中学時代から15年ぶりに再会した幼なじみという設定で、久しぶりに会っても一瞬で打ち解けられる幼なじみらしさをきちんと表現したいなと思いました。一方で、純にとって啓介は親友ですごく近いところにいるけど、常に少しだけ先を行っている存在なんです。二人のときは純の後に啓介がついて行くような感じだけど、啓介はスポーツ万能で勉強も出来て、純は少し劣等感を抱いている。そしてある日、純は啓介の“ある秘密”を知ってしまい、どうして良いかわからなくなってしまった……。それから月日が流れ15年ぶりに再会した啓介が純の書いた小説を読んでくれていたことは素直に嬉しかった。だからこそ啓介のアドバイスを受け止めることもできるようなっていく。監督さんやプロデューサーさんからも「幼なじみ感が出ている」と言われたので、是非、二人の芝居を注目してください。

――話は変わりますが、昨年末には写真集『キリヤマレン』を発売されました。レパートリー豊かなショットが収録されていますね。

作り込んだものからナチュラルなもの、さらにはハプニング的なものまでやらせて頂きました(笑)

――ハプニング?

僕が提案したのですが、後ろだけ丸裸の写真があります。前から見ると普通なのですが、後ろから見ると背中、脚、そしてお尻まで見えちゃっています(笑)

――どうしてそのような写真を撮影されたのでしょうか?

いろいろな役をやらせて頂く中で、僕のイメージができていると思うのですが、それを表現者として崩していくのがとても気持ち良いものだなと気付いたんです。これまで二枚目のような役が多かったので、僕のパブリックイメージは “クール”とか“スカした男”という感じだろうなと。それに、自分の中でイメージを守ってきた部分もあるし、桐山漣は“こうでなくてはいけない”というバリアみたいなものを少し張っていたと思うんです。最近は“こうじゃなくちゃいけない”から“これで良いんだ”という風に考え方に変化があって、それを表現したいと思いました。

――最後に、2016年の抱負

2015年は、写真集を発売してドラマの主演を2回やらせて頂くなど、自分が追い求めていたステージに一歩ずつ足を踏み入れていけていると感じました。2016年は、このまま一歩ずつ役者として表現者としてステップアップできたら嬉しいですし、そのためにもいろんな役と出会い、たくさん芝居をしたいです。また、今回の加藤シゲアキさんとの出会いもすごく貴重な経験だと感じているので、『傘をもたない蟻たちは』は、2016年最初のドラマとして、きちんと結果を残したいと思います。

俳優の丸山智己とミュージシャンの間慎太郎が、2月24日放送の日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系、毎週日曜21:00~)第7話にゲスト出演。丸山は水原希子演じる円香みちるの過去を知る謎の男・木内幸久、間は唐沢寿明演じる蓮見壮一郎の収賄事件で重要なカギを握る内閣府の職員・家入繁明を演じる。

ページトップへ
Twitter Facebook