ビートたけしが、関西テレビ・フジテレビ系で1月2日(金)15時45分から放送する『新春大売り出し!さんまのまんま30周年スペシャル』にゲスト出演することが決定。このほど、都内スタジオで収録が行われ、フライデー襲撃事件やバイク事故を起こした後の心境を告白した。

たけしが9年ぶりに番組のスタジオにやってくると「こんなジジイ2人でなに話すんだよ?」と毒づきながらトークを開始。バラエティー黄金期を駆け抜け、現在も第一線で活躍し続けるたけしとさんまの2人が、お笑い界の現状について話しはじめる。さんまは、「そろそろ我々が芸能界辞めた方が、後輩は伸びるんじゃないか」と、たけしに話そうとしたことがあると告白し、それを聞いたたけしは「辞めるわけねえじゃねえか。オレらが若い芽を踏んづけておいて、それでも育ったヤツが伸びるんだよ」と語り、さらに「お前(さんま)は、芽を踏むんじゃなくて、抜き取ってるだろ!」と言い放ち大爆笑。

そんな中、最近の若手芸人の“腕”の話題になると、たけしは「オレたちは運が良いんだよ」と語り、お笑いブームや当時の環境など、あらゆるモノがお笑いを後押しする時代だったと振り返る。さらに、「現在の食べ物は、昔とレベルが違う」と、“食事”の進化を例に出し、「今の若手の方がオレたちより絶対に上手い」とレベルアップを断言するが、「飛び抜けて上手いヤツがいないんだよ」と現状について語る。また、ザ・ドリフターズの全盛期に『オレたちひょうきん族』で真正面から挑んだ時代の話題になると、「あの頃は、ドリフターズ派とひょうきん族派に客がわかれていた」と振り返り、最近、たけしが志村けんと2人で当時のことを語り合ったエピソードを明かす。

さらに、ほろ酔いになったたけしは、約30年前にフライデー編集部を襲撃し、その後1994年にはバイク事故で大怪我をした日々の心境を語りはじめる。「もう芸能界に戻れないと思った。つらい時は、あの事故で死んでた方が良かったと思っていた」と衝撃の告白。その言葉にさんまは「何で相談してくれなかったんですか?」と驚きの表情を見せる。相手がさんまだからこそ話せる当時の知られざる思いとは?

そのほか番組には、さんまと10数年ぶり共演の宮沢りえや、市川染五郎、松本金太郎、今田耕司、井上真央らが出演する。

いよいよ開幕する「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。前回イングランド大会で歴史的3勝を挙げた日本代表ですが、今回は自国開催ということもあり、史上初の8強入りを目標に掲げています。そんな非常に注目されている今大会をずっと心待ちにしていた人が芸能界にもいます。それが、お笑いコンビ・和牛のツッコミ担当、川西賢志郎さん。どちらかというと上品な優等生タイプの川西さんですが、実は激しい体のぶつかり合いをするラグビー経験者。今回は、意外にもラグビー芸人の川西さんに、お笑いとラグビーについてインタビュー...

ページトップへ
Twitter Facebook