女優の沢尻エリカが、フジテレビ系で11年ぶりに復活するスペシャルドラマ『大奥』で、“悪女”と“聖女”の一人二役を演じることが決定。1月22日に第一部「最凶の女」編、29日に第二部「悲劇の姉妹」編を放送することがわかった。

江戸時代、50年にわたる長期政権を確立し、爛熟(らんじゅく)期を生きたと言われている第11代将軍・徳川家斉を支えた大奥の女性絵巻を2週連続スペシャルドラマとして描いていく。2003年から2005年にかけて放送されたテレビドラマシリーズを手がけてきた脚本・浅野妙子、監督・林徹が、沢尻と共に新たな『大奥』を描いていく。

今回、沢尻は、第一部の“お美代”、第二部の“梅”という二人の異なる人物で、徳川家斉の「青年期」と「壮年期」を舞台に物語は展開。10人以上の側室を持ち50人以上の子供を設けたことから“オットセイ将軍”とも呼ばれた家斉の時代の大奥には、想像を絶する野心やプライド、そして復讐心などが渦巻いていた。そんな大奥で、時代に翻弄されながら女の園を生き抜いた二人の側室の物語となっている。

第一部「最凶の女」編のお美代は、誰もが認める美貌と優れた知性で家斉の寵愛(ちょうあい)を一心に浴び、大奥の頂点まで登りつめた史上最強の側室。第二部「悲劇の姉妹」編の梅は、妹から嫉妬され激しい敵意を向けられても大きな心で受け入れていく心優しい側室。まったく異なる二つの女を沢尻がどう演じ分けるのか注目だ。

今回が初の時代劇挑戦となる沢尻は、「所作や言い回しなど、慣れない事がいっぱいあって、あまり思うように表現できませんでしたが、体当たりで二役演じさせていただいて、時代劇の面白さを知る事ができました」と撮影を振り返り、「ストーリー、キャスト共にみどころが沢山ある作品に仕上がっていると思います」と作品をアピールしている。

俳優の水谷豊と反町隆史が20日、東京・千代田区のアーツ千代田3331で開催された「『相棒season17』特別PRイベントinKitaQフェス」に出席した。『相棒season17』(テレビ朝日系、毎週水曜21:00~)の見どころや第1話、第2話でロケ地となった北九州市の魅力などを語った。

ページトップへ
Twitter Facebook