女優の黒木メイサ、佐々木希、戸田恵梨香が主演し、人気放送作家・鈴木おさむが脚本を手掛けた3つのオムニバスで構成されるスペシャルドラマ『恋愛あるある』(フジテレビ系列、6月24日22:00~)に、俳優のムロツヨシ、淵上泰史、千葉雄大が出演。それぞれが感想を語った。

ムロツヨシは「同棲恋愛あるある」で戸田恵梨香と共演。念願の同棲生活を始めた真理(戸田恵梨香)と芯太(ムロツヨシ)のすれ違いが描かれる。ムロツヨシは戸田と同棲恋愛を演じることについて「世の男子に夢を!」と鈴木に言われたことを明かし、「この言葉をもって僕はこのドラマの撮影にのぞみました。僕のような男性でもかわいい彼女ができるかもしれない。できたとしても、ちゃんとしないと離れてしまうことにもなるよ、ということを伝えたい」と語った。

そして、淵上は「社内恋愛あるある」で、社内恋愛はしないと心に誓っていたOL清美(黒木メイサ)と、あるプロジェクトのスタッフに指名される同僚・玉木謙一を演じる。「たぶん会社から帰ってきてドラマを見た人の中には社内恋愛している方も、してない方もこれからしそうな匂いのある方もいらっしゃると思うのですが、このドラマの内容が全てではないのでこういうこともあるんだな、というくらいで見ていただけたら。見やすいドラマだと思います」とコメント。一気に縮まる二人の関係や、エレベーターの中での二人の行動に注目だ。

千葉雄大は「シングルママ恋愛あるある」で佐々木と共演。シングルマザー・仁江(佐々木希)が務める歯科医院にやってくる患者で、建築会社の二代目・黒田を演じる。黒田が仁江をランチに誘うことで、二人の距離は徐々に近づいていくのだが、周囲の目線がどうにも気になる……。千葉は「とてもコミカルでほっこりする作品です。大変だな、と思うこともありますが誰かがきっと見ているよ、と背中を押してくれると思います」と視聴者へメッセージをおくっている。

さまざまな「あるある」本が大ヒットする昨今。鈴木は「あるあるネタはつきない」ということでシリーズ化を希望。本作については「社内恋愛、シングルマザーをとりまく状況も変わってきているため、“あるある”も幅が広がっている」と語り、現代の恋愛事情を色濃く反映した内容になっている。誰もが“あるある”とうなずき、気軽に楽しめるコミカルなラブストーリーに注目だ。

真木よう子が主演するドラマBiz『よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女に賭けろ~』(テレビ東京系、毎週月曜22:00~※初回15分拡大)が、1月21日からスタートするが、この度3話のゲスト・加藤シゲアキ(NEWS)の撮影が終わり、コメントが到着。また、NEWSが歌うオープニングテーマ「トップガン」も、21日のオンエアで初めて音源解禁される。

ページトップへ
Twitter Facebook