EXILEのAKIRAが、関西テレビ・フジテレビ系列で7月にスタートする新ドラマ『HEAT』(毎週火曜22:00~)で主演することが決定。総務省消防庁および東京消防庁の全面協力のもと、史上初となる消防団を舞台にした新たなタイプのヒーロードラマが誕生する。

今回AKIRAが演じるのは、クールだが内に熱い心を持つエリートビジネスマン・池上タツヤ。自信家で負けず嫌い、自分の目的達成のためには手段を選ばないという男だが、「消防団」との出会いにより、人間的に成長していく。そして、幼稚園の教諭として働く消防団のリーダー的存在で熱く心優しいヒロイン・安住咲良役を栗山千明が演じ、防災意識の低い主人公とたびたび衝突する消防士の隊長・合田篤志役を佐藤隆太が演じる。

AKIRAは本作について、「こういう作品だとスーパーヒーローを描きがちですが、そうではなくて一般市民が強い想いを抱いて災害に立ち向かう人間ドラマで、台本を読んで僕自身、勇気をもらいました」と語り、「世の中は陰ながら誰かを支える人がほとんどだと思いますが、その人たちも実はヒーロー」と話した。また、演じるタツヤについては、「絶対にあきらめない姿勢から、タツヤの熱さを感じてもらえたら」と述べ、「良い面も悪い面もタツヤの全てをさらけ出すことで、“我に返ると私もそうかも”“自分も改めないと”とタツヤに共感してもらいつつ、見てくださる方にとって鏡のような存在でありたい」とコメントしている。

ドラマは東京の西南部に位置する地方都市・幸多市が舞台。不動産会社で都市開発を手掛ける池上タツヤ(AKIRA)は数百億円規模の都市開発プロジェクトの候補地として幸多市に目をつけ、用地買収のため、地権者の情報を手に入れるために素性を隠して幸多市の消防団第十一分団に入団する。そこで、安住咲良(栗山千明)をはじめとした個性豊かな消防団員たちと、消防士・合田篤志(佐藤隆太)と出会うことで物語は展開。成果主義の不動産会社で成り上がってきたタツヤにとって、消防団の活動は理解できないことばかり。しかもこの消防団は地域の人からあることを理由に「ショボショボ団」と馬鹿にされ、人員減に悩まされている。最初は咲良たちを見下すタツヤだが、懸命に地域住民のために活動する消防団に接し、またライバル視する合田と共に災害に直面する中で、「自分の利益が第一」という信念が少しずつ揺らぎ、「人を守る喜び」を知っていく。

関連ワード

ページトップへ
Twitter Facebook