フジテレビ系列で1月16日(金)21時から放送するスペシャルドラマ『上流階級~富久丸百貨店外商部~』で主演する竹内結子が取材に応じ、ドラマの魅力を語った。

本作は、作家・高殿円によるお仕事小説「上流階級 富久丸百貨店外商部」(光文社刊)が原作で、神戸の老舗一流百貨店でバイトから契約社員、そして正社員となり外商部にやってきたアラフォー女性・鮫島静緒(竹内結子)が、女性社会の百貨店の中で唯一男性社会の外商部で生き残るために、ノルマ月1500万を目指し一癖も二癖もある日本屈指のお金持ちを相手に奮闘する姿を描く。竹内のほか、鮫島の同僚で、ちょっと“ワケあり”な外商員・桝家修平役を斎藤工、外商部の上司・邑智崇役を竹中直人、そして、カリスマ外商員・葉鳥士朗役を草刈正雄が演じる。

本作への出演について竹内は、「今まで見たことのないデパートの裏側や外商というお仕事を知らなかったので、そういうのを覗いてみたいという興味から始まりました」と語り、鮫島を演じることについては、「監督からはそのままで良いと言われました。鮫島さんも外商についての知識がない状態で放り込まれる役なので、私が気付くことと、鮫島さんが気付くことは一緒になるのかなと感じました」とコメント。また、たたき上げで外商部に異動することになった鮫島という人物については、「セクハラやパワハラもあるし、お客さんからクレームもくるし、この人のへこたれない精神はどこから来るんだろうと考えました。きっと誰かに何かしてあげるのが好きで、人が喜ぶ姿を見たい、収入とかそういうこととは違うところでやっているから強いんだろうなと思います」と紹介した。

そして、神戸のデパートや芦屋のお屋敷街などが舞台となる本作。撮影を振り返り「上流の方にお勧めするものがどれもこれも本当に豪華なんです。下手に傷つけたら誰かのクビが飛ぶんじゃないかと思いました。途中、一枚1万円のお皿を見ても安いなって思ってしまうようになっていた自分が怖いです(笑)」とコメント。さらに、人を介して高額な商品を売買する “外商”という職業については、「接客する側に立つと、自分の立ち振る舞いひとつで同じ商品を買うにしても相手に与える印象が違ってしまうのだと改めて感じました。その人が求めるものが何なのかをピンポイントで提示するのもそうですし、お友達のようでお友達のようではない、人生のパートナーのようになれれば最高の接客業かなと思います」と、ドラマを通して外商員の魅力を知ったという。

また、劇中では斎藤演じる桝家が、少女アニメの振り付けのダンスを披露するのも見どころのひとつ。このシーンについて竹内は、「先生についてもらって、こんなに真剣にやるんだって驚きました。私はそれを見てどん引きするシーンだったんですけどね(笑)」と話しており、斎藤がどのような姿を見せてくれるのか注目だ。

最後にドラマの魅力を聞くと、「本当にいろいろな価値観の人々が出てきて、こういう生き方をしている人たちもいるんだなという姿が見られると思います。とっても物欲を刺激されるでしょうし、男性だったらステータス欲に感じるかもしれないし、女性だったらこういう生活に憧れるかもしれないですね。いろんな見方ができると思いますのでぜひ楽しんで下さい」と語った。

■赤と黒のゲキジョー スペシャルドラマ『上流階級~富久丸百貨店外商部~』
2015年1月16日(金)21:00~23:22(フジテレビ系列)

関連ワード

中条あやみと水川あさみがW主演を務めるドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話が、5月22日に放送。中条とジャニーズWEST・小瀧望のキスシーンが話題となった。

ページトップへ
Twitter Facebook