佐藤愛(小芝風花)

Sexy Zone中島健人小芝風花がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第8話が、8月31日に放送される。

さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という、真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。

先週放送された第7話では、宗介が愛に貸したパーカーの袖をまくってあげる動作や、2人のキスシーンに反響が。ネット上では「キスえぐい」「出会って3秒で宗介さんにキスされたい」「いい手の添え方」との声が寄せられた。

<第8話あらすじ>
今思いを寄せている愛(小芝)こそが、16年間、再会を夢見てきた初恋の相手“佐藤愛”その人だと知った宗介(中島)。愛もまた、宗介が自分の正体に気づいたことを知り、樋口拓也(赤楚衛二)の告白を振り切って宗介の元へ急ぐ。お互いの気持ちが通じ合った2人は晴れて再会を果たすが、喜んだのもつかの間、愛は桐山梨沙(佐久間由衣)のことが気になっていた。帰宅後、ごみ箱に捨てられていた手紙から、梨沙が宗介に本気で恋をしていたことを知った愛は、宗介の恋人になることを躊躇する。

樋口拓也(赤楚衛二)
樋口拓也(赤楚衛二)

翌日、愛の童話特集が掲載された最新号が発売される。売上は好調だったが、それでもライバル誌に追いつくことはできず、宗介は常務の岸田庸司(木村祐一)から廃刊までのカウントダウンを宣告される。ところが、その会話を偶然、里中純一(高橋優斗)が聞いてしまい、廃刊の話は編集部員の知るところに。事実を隠していた宗介に腹を立てた岡島唯子(片瀬那奈)たちは、廃刊をかけた次号の制作を拒否。孤立した宗介が1人で作ることになってしまう。宗介はその状況を甘んじて受け入れるが、孤軍奮闘する上司を前に、樋口は部員たちの思いを代弁するかのような厳しい忠告をする。愛も、宗介と唯子たちの懸け橋になるべく動き出す。

ページトップへ
Twitter Facebook