成瀬暁人(田中圭)

波瑠が主演を務める月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第8話が8月23日に放送。ネット上では、ただの“成功”ではない、成瀬暁人(田中圭)ならではの手術シーンに絶賛の声があった(以下、ネタバレが含まれます)。

救急医療の働き方改革として試験的に結成された夜間勤務だけを専門に行う医療チーム「ナイト・ドクター」が、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでく、完全オリジナルの“青春群像医療ドラマ”。

成瀬が、脳外科に誘われていることを知った朝倉美月(波瑠)は、メンバーに事情を話す。彼がいなくなるとナイト・ドクターが破綻してしまう……。途端に気を遣い始めた高岡幸保(岡崎紗絵)たちを見て、成瀬は「驚くほど口が軽いな」と美月にぶつけた。

朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭)
朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭)

くも膜下出血の患者が運ばれた。自ら志願して執刀した成瀬だったが、難しい手術になったため断念。翌日、後輩の里中悟(古舘佑太郎)が何なく手術を成功させたことでショックを受けた。

後日、日勤の時間帯に脳卒中の患者が。人気料理人で後遺症を残すわけにはいかない。嘉島征規(梶原善)​​は、出張中の脳外科・高梨英樹部長(益岡徹)​​が戻るまで「指一本触れるな」とナイト・ドクターに指示を出す。

しかし、容態は悪くなる一方だ。手術を強行するという成瀬たちが心配なため、嘉島は夜まで残ることに。成瀬、美月、本郷亨(沢村一樹)がいなくなったとき、重傷者の受け入れ要請が入ってしまう。嘉島は断るよう口出しするが、深澤新(岸優太)は受け入れの判断を下す。「あの3人頼もしくなりましたね」と看護師たちが噂話をするほど、深澤、高岡、桜庭瞬(北村匠海)が完璧に処置を施していった。

一方、脳卒中の手術は断念。嘉島はヒステリーを起こすが、翌朝、高梨部長は成瀬の対応を絶賛。里中も成瀬のバトンやナイト・ドクターチームが朝まで管理してくれたおかげで手術が成功したと感謝を伝えた。「優秀な医者が夜にいてくださって、本当によかったです。ありがとうございました」。彼の言葉に成瀬は……。

ネット上では、成瀬について「目の演技凄かった」「胸を打たれる回」「素晴らしいバトン」との声が。また、深澤や桜庭らの成長ぶりに「鳥肌すごかった」「絵面がいい」「めっちゃ医者だ」と喜びのコメントがあった。

次回は8月30日に放送。容態が急変した深澤の妹・心美​​が、臓器提供ドナーの登録がしたいと申し出る。

ページトップへ
Twitter Facebook