比嘉愛未が主演を務め、渡邊圭祐ディーン・フジオカらが出演する木曜劇場『推しの王子様』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)。8月19日に放送された第6話では、光井倫久(ディーン)に“なんらかの思い”を寄せる有栖川遼(瀬戸利樹)に、SNS上ではエールが寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲームの総称)を手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の代表取締役社長である日高泉美(比嘉)が、五十嵐航(渡邊)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描くロマンティック・コメディ。

泉美と光井が自分を一人前の男性に育てられるかどうかで賭けをしていたことを知った航は、泉美に失望。彼女に怒りをぶつけて家を出て行く。しかし、行く場所がない航。会社で寝泊まりしようと寝袋にくるまっていると、忘れ物をしたことに気づいて会社に戻ってきた同僚の有栖川に見つかってしまう。いけないことだと注意されるも「今まで住んでいたところに帰れなくなった」と打ち明けると、有栖川は仕方なく航を自宅に招いてくれるのだった。

五十嵐航(渡邊圭祐)
五十嵐航(渡邊圭祐)

先週放送された第5話で、有栖川が光井に「あの、光井さん。日曜……」と言いかけたところで言葉を止める場面が。後日、航に「自分は好きな人を誘えなかったから」と遊園地のチケットを譲ったことから、SNS上で「まさかのBL展開!?」「アリス→みっちーなの!?」と話題となっていた。

第6話でも、光井に“腕ポン”されて喜ぶ姿や、「“推し”は武田信玄。光井さんみたい」と崇拝している様子や「付き合うことだけが大切じゃない」と可能性のない恋を示唆しており、SNS上では「腕ポンに喜ぶアリスかわいすぎる」「みっちー、アリスのことも見てあげて」とのエールが寄せられていた。

五十嵐航(渡邊圭祐)、光井倫久(ディーン・フジオカ)
五十嵐航(渡邊圭祐)、光井倫久(ディーン・フジオカ)

次回第7話は8月26日に放送。次の給料が出るまでの間、もう一度同居させてほしいと航は泉美に頼み込む。

町田啓太が主演を務めるドラマドキュメンタリー『僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!』(テレビ東京系、毎週水曜25:00~)=通称『僕ドラ』の第4回が、1月26日に放送。町田自らがアイデアを出し、脚本には書かれていない細かい役作りを監督と一緒に作り上げていくといった撮影現場の裏側が紹介された。

ページトップへ
Twitter Facebook