佐藤愛(小芝風花)、樋口拓也(赤楚衛二)

Sexy Zone中島健人小芝風花がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第6話が、8月17日に放送される。

さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という、真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。

先週放送された第5話では、愛を尾行するドタバタぶりが話題に。ネット上では「かわいい」「涙止まらんかった」とのコメントが。また、宗介に請われて編集部に戻ってきた愛の変貌ぶりには「役者としての力が凄い!」「こんな振り幅ありますか?」「帰ってきたと思いきやこれは反則」「可愛すぎて泣いてる」との声が寄せられた。

<第6話あらすじ>
「早く帰ってこい」という宗介(中島)の言葉で編集部に戻ることを決めた愛(小芝)。ファッションもメイクも洗練され、まるで別人のように美しく変身した愛の姿に、編集部のメンバーは驚く。

桐山梨沙(佐久間由衣)
桐山梨沙(佐久間由衣)

早速、愛が考えた童話企画について編集会議が行われ、その席で愛は、コラムの執筆を人気絵本作家の夏川ちかげに依頼したいと申し出る。しかし、彼女は10年前に引退していた。作品への思い入れが強い愛は、それでも何とか交渉したいと食い下がり、その真剣な表情を見た宗介はGOサインを出す。

一方、宗介への思いが募る桐山梨沙(佐久間由衣)は、会うたびに幼いの頃の話ばかりする宗介に、「昔の話はもうやめない?」と切り出す。愛ではなく、自分を見てほしいという切ない思いからだったが、宗介にはその言葉の意味が分からない。それどころか、愛(梨沙)のある言葉に違和感を覚え、目の前にいるのは、自分の知っている“佐藤愛”ではないかもしれないと疑念を抱く。焦った梨沙は、何とか宗介の気持ちをつなぎとめようと、ある行動に出る。

その頃愛は、ようやく夏川ちかげ本人に話を聞いてもらえることになり、待ち合わせ場所のホテルへ向かっていた。しかし、そこである事件が発生。ニュースを知った樋口拓也(赤楚衛二)、そして梨沙と会っている最中に愛の窮地を知った宗介は……。

清野菜名と坂口健太郎が偽装夫婦を演じる火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系、毎週火曜22:00~)の​​第6話が、11月23日に放送。ネット上では、大加戸明葉(清野)と百瀬柊(坂口)のキスシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook