鈴木福が、8月4日に放送された『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)に出演。鈴木がブレイクした幼少期の苦悩などを語った。

鈴木を占うのは、生年月日から運命を推測する東洋占星術と神通力を融合した帝王占術で鑑定する木下レオン。冒頭から、運気自体は良いとしながらも、「ちょっとだけ問題があるな。ショック受けると思う多分」と不安を与えるような前置きをする。

鈴木は、3歳のときから戦隊モノと仮面ライダーが大好きだと告白。仮面ライダーになる夢を叶えることが、芸能活動で一番の活力になっていて、「叶えるまで言い続けようと思っている」と打ち明ける。すると木下が、占いでは「芸能界には向いてない」と鑑定。驚愕する鈴木に、「根っこが真面目。不安定な業界は合わない。ただし、ご自身は非常に運が良いから、芸能界ではやっていける」と説明し、それでも不安や迷いは付きまとうと続ける。

また、鈴木は幼少期からの活躍を振返り、毎日撮影のため学校にも週に1度しか行けなかったと回顧。「台本も覚えなきゃいけないし、ダンスも覚えないといけないし、バラエティ番組の場合はどんなことしゃべるか考えなきゃいけないし、学校に行ったら宿題が出てるから溜まってるのをやらなきゃいけないし、朝から晩までって感じだったので」と当時を語る。木下からは、真面目な性格からバラエティにもあまり向かないと鑑定され、さらには収録後にも、あることで失敗すると予言され追い打ちをかけられてしまう。

次回は8月18日に放送。12年ぶりにテレビ出演する伊東美咲が出演する。

ページトップへ
Twitter Facebook