日テレダベア NITTELE DA BEAR

ボクはつなグマ。テレビと誰かを 繋いで、ハッピーにするダベア!

日本テレビの新入社員である、クマのDA BAER(ダベア)が視聴者と日本テレビを『“つなぐクマ”=「つなグマ」』として日本テレビの番組やイベントを盛り上げます!
「ボクはつなグマ。テレビと誰かを繋いで、ハッピーにするダベア」をモットーに今よりもっと愛される日テレにするため、日々奮闘するDA BAERにご注目ください!


おすすめ情報

『金曜ロードSHOW!』

毎週金曜日 21時〜
『金曜ロードSHOW!』

『もののけ姫』10月26日放送
1997年制作/日本映画/字幕/50分拡大/解説放送

北の果てに住むエミシ一族の青年・アシタカ(松田洋治)は、“タタリ神”に姿を変えたイノシシから村を守るためにタタリ神に矢を放ち、死の呪いを受けてしまう。村の巫女・ヒイさま(森光子)は、西に呪いを絶つ方法があると預言。旅に出たアシタカは、道中で出会った謎の男・ジコ坊(小林薫)から精錬所“タタラ場”とすべての生命を司る“シシ神の森”について話を聞く。タタリ神となったイノシシの体から出てきた鉄の玉がタタラ場で作られたものと考えたアシタカは、タタラ場を目指して西へ急ぐことに。そんな中、犬神に襲われ川岸に倒れていた甲六(西村雅彦)を救出したアシタカは、犬神に育てられた少女・サン(石田ゆり子)と出会う。人間を嫌う彼女から森を去るよう告げられ、甲六を連れて彼が働くタタラ場へと向かうことに。タタラ場を率いるエボシ御前(田中裕子)はアシタカを歓迎。彼女は、女性や病人など世間から蔑まれていた人間が生きていくために独自のコミュニティを築いていた。その目的を果たすために森を切り倒したことから、サンと彼女を育てた犬神・モロの君(美輪明宏)の怒りをかっていた。その夜も、エボシへの復讐心に燃えたサンがタタラ場を襲撃。2人の戦いを止めようとしたアシタカは、暴発した石火矢の銃弾を受けるが、傷ついたサンをなんとかシシ神の森へ送り届けようとするがその後、力尽きて意識を失ってしまう……。

連続ドラマ
『獣になれない私たち』


毎週水曜 22時〜
連続ドラマ『獣になれない私たち』

誰からも好かれ、愛されている女・深海晶(30歳)。実はみんなに気を遣っていてガマンし続けていたら、次から次へと仕事を任され、彼氏も彼女の優しさに甘え続け、身も心もすり減る一方。女にモテる敏腕会計士・根元恒星(33歳)。でも本当は、調子よく振る舞っているだけ。誰のことも信用しないし、無防備に人を愛せるほど馬鹿じゃない。人生うまくいってるようで、ままならない二人が仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会い、赤の他人だからこそ本音でぶつかる中で、傷つきながら自分らしく踏み出していく。


連続ドラマ
『ドロ刑-警視庁捜査三課-』


毎週土曜 22時〜
連続ドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』

最も身近な犯罪、窃盗の捜査をする警視庁捜査三課の新米刑事・斑目勉は、警察組織の論理や現実を前にすっかりやる気を失くしていた。そんな彼が出会ったのが、過去の目撃者ゼロ、痕跡ゼロで誰も姿を見たことのない幻の大泥棒・煙鴉。なぜかことあるごとにちょっかいを出し、捜査協力までするようになる。新米刑事が、豊富な知識と巧みなアドバイスを受け、時に力を合わせ、時に反目しながら事件を解決し、一癖も二癖もある犯人、先輩刑事たちに揉まれながら刑事として、人間として大きく成長していく。


連続ドラマ
『今日から俺は!!』


毎週日曜 22時30分〜
連続ドラマ『今日から俺は!!』

1988年~1997年にかけて、増刊少年サンデーから週刊少年サンデー本誌にて連載され、累計4000万部超えの大ヒットを記録した、西森博之の代表作。主人公・三橋は、“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条で、金髪パーマの規格外ヒーロー。トンガリ頭の伊藤と共に最強ツッパリコンビとして大暴れ。「自由奔放」「ワガママ」「悪知恵」は天下一品! 無茶ができない抑圧された現代だからこそ、屈しないやつらのドラマが見たい! そんな彼らのぶっ飛んだ“痛快学園コメディ”だ。


ページトップへ
Twitter Facebook