馬場ふみか、風俗嬢役が大絶賛!「振り幅広すぎ」と話題に

2017年09月11日 14:00

女優の馬場ふみかが、9月8日に放送された『下北沢ダイハード』(テレビ東京系列、毎週金曜24:12~)第8話に出演。「演じる役柄の振り幅が広すぎる」と話題になった。

本作は、小劇場の聖地・下北沢を舞台に“人生最悪の1日”をテーマにしたパニック・コメディー。毎回、設定も登場人物も変わる1話完結型のドラマを、11人の劇作家がオリジナリティー豊かに書き下ろす。総合演出は、Perfumeや星野源ら人気アーティストのミュージック・ビデオをはじめ、ドラマ『かもしれない女優たち』の演出や、『カルテット』のエンディング映像などでも知られる関和亮。その他、スミスや山岸聖太など、話題のクリエイターたちが演出を務めている。

第8話は、根本宗子(月刊「根本宗子」)が脚本、青柳翔が主演を務める「彼女が風俗嬢になった男」が放送。パチンコ店に並んでいた常連の田川のりお(青柳)は、突然テレビ東京のAD(田村健太郎)に声をかけられる。番組で紹介できるような面白いピンチエピソードが見つからず困っていると言い、何かエピソードはないかと尋ねられるが、無職ののりおは、キャバ嬢の彼女・みわ(馬場)に養ってもらいながら平穏な日々を送っているため、そんなエピソードなど無縁な話……。

そう思っていたその時、友達から「池袋の風俗に行ったらお前の彼女が出て来た」という予想外の電話がかかって来る。証拠写真を見ると、確かにみわだ。おしりにあるハイビスカスのタトゥーもしっかり写っている。「キャバ嬢だと思っていた彼女が風俗嬢だった」という衝撃事実に、嫉妬深いのりおは発狂する。

のりおは大慌てでみわを呼び出すが、彼女は悪びれる様子もなく「アンタの稼ぎがないからだ!」と言い放つ。のりおは彼女に風俗を辞めさせるため、今日中にパチンコで50万円稼ぐと宣言。その様子を心配そうに見つめる店員の山田愛子(森川葵)……。果たして、のりおの“パチプロポーズ”は成功するのか!?

馬場は現在、フジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー』で堅実な新人ナースを演じているだけあって、今回の風俗嬢役に驚いた視聴者が多数。放送終了後、インターネット上で「まじめ役からビッチ役までこなしてる……ギャップがスゲェ~」「『コード・ブルー』から知ったけど、『下北沢ダイハード』で全然違う役やってて驚き」というコメントから、「清楚な感じしか知らなかったから、下北沢ダイハードの化粧濃い役もエロくてよかったなー」「相変わらずエロい身体」「風俗嬢役も合ってる! 振り幅広いね」と絶賛する声も見られた。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook