テレ東の人気バラエティが1クールで終了 来週最終回

2017年06月13日 15:00

お笑いコンビ・千鳥(ノブ&大悟)がMCを務める『NEO決戦バラエティ キングちゃん』(テレビ東京系列、毎週月曜24:12~)が来週で最終回を迎えることが、6月12日の放送で発表された。

同番組は、千鳥とゲストの人気芸人たちが多様なジャンルで「夢のマッチメイク」を実現する新感覚バラエティ。テレビ東京で2016年7月からスタートし、当初1クールのみの予定として始まったにも関わらず、好評を博し2クールにわたって放送。今年1月2日に放送されたお正月特番をもって惜しまれつつ終了したが、復活を求める声が数多く届き、2時間の特番をもって復活。そして4月よりレギュラー番組として放送されていた。

この日の放送で、最終回を迎えるにあたり、番組にゆかりのある芸人からコメントが到着。野生爆弾のくっきーは、「寂しいですよね。好きやった……片思い? たまに遊んでくれる片思いの女の子が転校しちゃうみたいな。そんな切ない、センチな気持ちになっちゃいますよね」としみじみ。ドランクドラゴンの塚地武雅は、「本来いろんな番組に回数多く呼んでもらうって、めちゃめちゃ嬉しいんですけど『キングちゃん』に関してはしんどかったですね。修行の場というか、ホンマにキングって戦って王国作ってきたんやなって思います」と、本音を明かしていた。

6月19日放送の最終回では、企画「嘆かせ3番勝負」が開催。ノブ、バイきんぐの小峠英二、銀シャリの橋本直から嘆きツッコミを引き出すために、ボケ芸人たちが奮闘する。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook