Fカップグラドル佐藤寛子、未婚の母になった経緯を激白 音信不通の“父親”に認知呼びかける

2016年01月15日 15:25

元人気グラビアアイドルの佐藤寛子(30)が、1月14日(木)に放送された『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』(テレビ東京系列、毎週木曜23:58~)に出演。人知れず未婚の母となった経緯を赤裸々に語った。

■生徒会長キャラの素顔は?
事務所のオーディションに合格し、2002年に芸能界デビュー。しかし、女優志望だった佐藤は、なかなか芽が出なかった。そんな中、当時現役の高校生だった彼女は、実際に生徒会長だったことを武器に「優等生キャラ」を確立。真面目な雰囲気とは裏腹なFカップのグラマラスボディで、一躍グラビア界の人気者に。品行方正なイメージがある佐藤だが、時に大胆な行動に出ることも。なんと、事務所に内緒でヌード写真を撮影したことがあるとか。仕事で知り合った後、家族ぐるみの付き合いが始まったカメラマン夫婦に勧められたらしいのだが、これは芸能人として御法度。当然のごとく事務所の社長に怒られ、写真もネガも全部燃やしたという。

■気付いたら一児の母に
グラビアアイドルとして活躍する一方で、念願の女優業にも挑戦。これから活躍すると思いきや、ここ最近はテレビや雑誌などで姿を見る機会が減っていた。それには深い理由があったようで……。20歳まで恋人がいなかった佐藤はその後、初めてできた恋人と5年間付き合ったが破局。そして、3年前に芸能関係の男性と出会い、交際2年で妊娠が発覚した。結婚を考えていた佐藤は当然、出産するつもりだったが、相手の男性は大反対。互いに一歩も譲らないまま、彼女は実家に帰って産むことを決意する。

そして、昨年の4月に無事出産。子どものことを考えて認知だけはしてほしいと願うが、父親であるはずの男性とは連絡が取れなくなってしまったという。MCの名倉潤は「募集しますか? 相手に“連絡ください”って」と提案。争いたいわけではなく、子どもの認知だけを望む佐藤も「ご一報ください(笑)」と、カメラに向かって呼びかけた。

この日は他に、あの「兄弟力士」の兄で元横綱の妻だった花田美恵子が出会いと別れにまつわる仰天エピソードを披露。元人気アイドルの矢部美穂は芸能人たちの知られざる恋愛事情、数年前に大ブレイクしたお笑い芸人・高木晋哉(ジョイマン)は“一発屋”の悲哀について語った。

【関連記事】

この記事を共有する

Twitter Facebook