観月ありさが整形・殺人の過去を封印した美人女社長に

2015年08月30日 06:00

女優の観月ありさが、9月30日(水)にテレビ東京系列で放送されるスペシャルドラマ「松本清張特別企画『共犯者』」(21:00~23:03)で主演を務めることがわかった。整形手術・夫殺害という過去を封印した化粧品会社の社長・内堀美輪役を熱演する観月は、今回が“殺人犯”役初挑戦となる。

松本清張の同名小説を原作としたこのドラマ。出演が決まり、観月は「松本清張の世界観を崩さず、私なりの良さが出るように頑張りました」とコメント。殺人犯役に初挑戦してみて、「常に影を内に秘めているような感じを出せるように気を付けました」と工夫した点を明かし、すでにクランクアップしている撮影を振り返り、「寺島進さんと山本耕史さんとの乱闘殺人シーンが印象に残っています」と語った。

そのほか、内堀美輪のファンと公言し、美輪の会社で働くこととなる元探偵の竹岡良子役を仲里依紗。美輪とともに、美輪の夫を殺めてしまった町田武治役を山本耕史。そして、美輪と武治に殺されてしまう美輪の夫、整形外科医の秋月義彦を寺島進が演じる。

番組プロデューサーの中川順平は、「過去何度もドラマや映画になった、松本清張の傑作短編『共犯者』。今回は、その主要人物の性別を男性から女性に変更。さらに、数多くの名作ドラマをものにされた脚本家・浅野妙子氏の手によって、童話『人魚姫』をモチーフにした大胆なアレンジが施され、原作のエッセンスはそのまま、新たな女性の物語になりました。主演は、24年間連続して連ドラ主演の記録更新中である、観月さん。整形、DV、殺人と、今までなかった役柄に文字通り体当たりで、挑戦してくださいました。これまで見たことのない“観月ありさ”がここにいます。また、そんな主人公と正面からがっぷり組む役に、やはり連ドラ主演で活躍され、フレッシュな魅力の仲さん。さらに主人公の謎の共犯者役に山本さん、他にも寺島さんや、大地康雄さんら重厚なベテランが脇を固めて下さいました。松本清張特別企画『共犯者』、どうぞご期待下さい」とコメントを寄せている。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook