笑福亭鶴瓶、例の事件に関して言及!?『チマタの噺』テレビ東京で初レギュラー番組MCに!

2014年10月14日 19:30

テレビ東京系列で10月28日(火)23時58分からスタートする番組『チマタの噺』で、テレ東のレギュラー番組初MCを務めることとなった笑福亭鶴瓶の取材会が14日(火)、同局にて行われ、1975年に起こしてしまった例の事件について言及した。

同番組は、街行く人々の何気ない日常会話の中にあるちょっと心温まる話や、ちょっと意外な話など、十人十色の人間模様を話のきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ。

取材会の冒頭、番組プロデューサー・井関勇人からの挨拶で「皆さんご存じか分かりませんが、1975年の事件さえ起こらなければ番組は続いていけると思っております!」と過去に起こした事件について突っ込まれてしまった鶴瓶。「それについては、テレビ東京50周年特番で許してくれたんじゃないの? あれはまだ脳が固まっていなかった時代のことですよ」と言い訳を。

収録を振り返って、「“あれを話そう”とかはあまり考えず、番組スタッフが撮ってきたVTRを見て、我々がトークを展開するという、本当に面白い企画だと思います。ゲストが変わると話す内容も変わると思いますが、(第1回目ゲストの)おすぎとピーコさんの昔の話を聞けましたし、本当に楽しかったです」と、感想を語った。

また、今後登場するゲストについて「僕は今まで、“この人が来て欲しい”などの意見は言ったことがないんです。ですが、この番組は1時間ほど1対1で話さなければならないので、“この人と話したいなぁ”という希望はあります。今一番関心あるのは、石田純一さんの娘・すみれさん。あの人はとても心が大きい人だと思います」と希望を明かした。

最後に意気込みを聞かれるが、「意気込みはないです。流れていくままに、番組も変わっていくかもしれませんし、“こう”したら“そうなる”っていうのが決まっていないことが、この番組の良さだと思います。なので、目標を持たずにやろうと思います」とコメントした。

■『チマタの噺』
2014年10月28日(火)スタート
毎週火曜 23:58~24:45(テレビ東京系列)

【MC】笑福亭鶴瓶

【関連ワード】

この記事を共有する

Twitter Facebook