綾野剛主演『コウノドリ』2人の妊婦…1人の赤ちゃんに異変が起きた時、友情は?

2017年11月10日 06:00

綾野剛主演の連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系、毎週金曜22:00~)第5話が、11月10日に放送。今回は、「長期入院と予測できない事態」をテーマに、切迫早産の可能性がある妊婦のエピソードが描かれる。

本作は、産科医療の現場をリアルに描いて好評を博した医療ドラマの続編。前作に引き続き、綾野、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋といった豪華キャストが出演している。

今回サクラ(綾野)の元に診察に訪れたのは、妊娠27週の妊婦・西山瑞希(篠原ゆき子)。診断の結果、切迫早産の可能性があるので急遽入院することになり、小松(吉田)は、同じく切迫早産で入院している妊婦・七村ひかる(矢沢心)の病室に瑞希を連れてくる。同じ境遇の2人は、すぐに意気投合し仲良くなる。瑞希はお腹の赤ちゃんに「あかり」と名付け、生まれるのを楽しみにしていたが、赤ちゃんに予測できない事態が起こる。

一方、白川(坂口)は、下屋(松岡)が3日前に緊急帝王切開した超低出生体重児の翔太を看ていた。翔太は早期に手術の必要があるが、両親は緊急で帝王切開になった経緯に納得出来ず、今橋(大森)に手術をしないことを告げる。

そんな中、赤ちゃんと一緒に生活していく家族のため、下屋がある行動を起こし……。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook