銭湯で女湯を盗撮…坂上忍が被害女性を緊急取材

2017年10月11日 11:50

10月11日(水)19時より放送される『犯人に告ぐ!盗聴盗撮 怒りの追跡バスターズ 第3弾』(TBS系列)では、盗聴だけではく盗撮の被害に遭っていた女性に、MCの坂上忍が緊急インタビューを試みる。

番組では、平穏な暮らしを脅かされた犯罪被害者の言葉にならない悲痛な訴えに耳を傾け、盗聴犯やストーカー、迷惑行為を繰り返す犯人たちを追跡してきた。また、犯罪の実態を紹介し被害に遭わないための知識も解説し、好評を博している。

5月3日に放送された第2弾では、盗聴の実態を取材中、東京都杉並区で一人暮らしの女性のアパートから、坂上が盗聴器を発見。部屋の大家が犯人であることを突き止め、警視庁に通報する事態となった。犯人はその場で警察官に任意同行となった。

今回の第3弾では、その後の衝撃展開をリポート。その後の捜査で、アパートのほかに銭湯も経営していた大家が女湯で盗撮を繰り返していたことが判明し、逮捕されたのだ。昨年から9カ月に及び、実に50回もの盗撮が行われていたという。坂上が犯人を突き止めた状況と逮捕に至る経緯の詳細を報告し、改めて事件を検証する。

そして、最初に盗聴器が発見されたアパートの住民女性に協力を求め、坂上は緊急インタビューを試みる。女性は「盗聴だけでなく盗撮もされていた」と告白。事件の発覚、犯人の逮捕後も続く心身の苦痛を訴え、行き場のない犯人への怒りを語る。赤裸々な女性の言葉に坂上は絶句。今夜その全容が明らかに……!

このほか、さらなる驚きの事件も紹介。あるストーカー事件を調査していた追跡バスターズが犯人を追い詰め、坂上が現場を訪れるが、驚天動地、番組史上最大の大どんでん返しが待っていた……。

【関連リンク】

【関連ワード】

この記事を共有する

Twitter Facebook