結成4ヵ月の快挙!無所属にゃんこスター『キングオブコント』決勝初進出

2017年09月22日 15:00

プロ、アマ、芸歴問わず、全国の挑戦者たちが熱いバトルを繰り広げて“コント芸の日本一”を決定する『キングオブコント2017』のファイナリストであるにゃんこスター(スーパー3助・アンゴラ村長)が、テレビドガッチのインタビューに応じ、決勝に向けた意気込みなどを語った。

エントリー総数2477組から、初の決勝進出を果たした彼ら。何と今年5月に結成したばかりの新人で、どこの事務所にも所属していないフリーのコンビだ。もちろん今回が『キングオブコント』初出場。スーパー3助は、以前アンドレというコンビで活躍しており、現在はにゃんこスターの傍らソロ活動もしている。アンゴラ村長は、早稲田大学を卒業後、暇アフタヌーンなどのコンビを経て、現在は社会人をしながらにゃんこスターを続けている。

ファイナリスト発表イベントで名前が呼ばれた2人は、壇上に上がると「フリー(無所属)なのに良いんですか?」と戸惑いの表情に。ジャングルポケットやアンガールズといった人気芸人と並んで選ばれたことに、「すごいメンバーが選ばれていて……」とたじろいでいた。

また、優勝賞金1000万円の使い道を問われたスーパー3助は「月ににゃんこスター村を立てる」と力強く宣言。すると、アンゴラ村長が「似たようなこと考えてました!」と言い、続けて「種のある植物を買って、植えて収穫したらまた1000万円が増える。場所は考えていなかったけど、にゃんこスター村が良いですね!」と村作りの野望に大賛成していた。

そして動画では、決勝に向けて、スーパー3助が「我々は“にゃんこスター”ですから、爪痕をガシッと残したい」と力強くコメント。アンゴラ村長も「後世に伝わるボケを!」と、前を見据えた大きな夢を語っていた。

決勝の様子は、10月1日(日)19時よりTBS系列にて4時間にわたって生放送。また、決勝当日のネタ披露順は以下の通りとなっている。

1.わらふぢなるお(決勝進出初)
2.ジャングルポケット(決勝進出3回目)
3.かまいたち(決勝進出2回目)
4.アンガールズ(決勝進出初)
5.パーパー(決勝進出初)
6.さらば青春の光(決勝進出5回目)
7.にゃんこスター(決勝進出初)
8.アキナ(決勝進出3回目)
9.GAG少年楽団(決勝進出初)
10.ゾフィー(決勝進出初)

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook