『逃げ恥』出演の古畑星夏、『コウノドリ』でNICU勤務の看護師役に挑戦

2017年09月12日 10:00

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』にも出演した古畑星夏が、10月13日スタートの新ドラマ『コウノドリ』(TBS系列、毎週金曜22:00~ ※初回は15分拡大)に、新レギュラーとして出演することがわかった。

今回でシーズン2となる本作は、「モーニング」(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウによる同名漫画を実写化。主演の綾野剛演じる、ある時は冷静な判断力と患者に寄り添うことをポリシーとする産婦人科医、またあるときは情熱的で謎多き天才ピアニスト「BABY」という二つの顔を持つミステリアスな主人公・ 鴻鳥サクラを中心に、産科医療のリアルな現場が描かれた前作が好評を博し、新シリーズ放送の運びとなった。 綾野のほか、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋といった豪華なオリジナルメンバーが顔を揃える。

女優・モデルの両軸で活躍し、人気急上昇中の古畑が演じるのは、サクラらが勤務するペルソナ総合医療センターのNICU(新生児集中治療室)で働く4年目の看護師・麻生理佐子。日々、赤ちゃんに寄り添いながら、その両親の気持ちを汲み取ることをモットーに働いており、優しいが、勝気なところもあるという役どころだ。

自身初の看護師役を演じる古畑は「役をいただいてからいろいろ勉強させていただいたのですが、ものすごくやりがいを感じ、ありがたいなと思いました。今回の役作りの参考に帝王切開のドキュメンタリーDVDを頂いて見たのですが、赤ちゃんが生まれる瞬間を初めて自分の目で見て、なんて神秘的なんだろう、お母さん、赤ちゃんって強いなと物凄く感動しました。NICUではさまざまな事情と闘う赤ちゃんをお預かりしています。お母さんよりも多い時間をその子と過ごすことになるので、その責任を感じながら、演じていて嘘のないようにしたいです。命に関わるお仕事で、向き合っていく上で大変な事もあると思いますが、とても興味がある分野なので撮影がものすごく楽しみです!」と明るくコメント。

峠田浩プロデューサーは「前シリーズでは、NICUで一番赤ちゃんと寄り添い続ける看護師さんを描ききれなかったことがあり、今回はどうしてもそこを描きたくて新たに作った役です。古畑さんとは『逃げ恥』でご一緒しましたが、すごく落ち着きがあり、その優しい目がとても印象に残っていました。NICUでは、幸せな出来事があれば厳しい現実とも向き合います。そのたくさんの喜びや悲しみや憂いなどをその目で表現していただきたいと思ってこの役をお願いしました。古畑さんは、実際の病院に行き、実際の看護師さんたちの話もたくさん取材してくれました。古畑さんが麻生という役を通して、様々な現実と向き合う中で、どのような感情や表情を見せてくれるのか、本当に楽しみです」と期待を寄せている。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook